So-net無料ブログ作成

茶しんのホワイト餃子(滋賀県長浜市) [中華料理]

かつて、かれこれ23年程前に長浜に暮らしていた時から存在していましたが、食べたことはありませんでした。
よく車でこのインパクトのあるお店の前を通っていましたが、「えらい古い店やなぁ、旨いんやろか。」と思いつつも、その当時は近くに時間極の駐車場がなかったので、一度も店に入ることがありませんでした。

「株式会社茶真商店」さんの「茶しんのホワイト餃子」です。
茶しん1.JPG

TVでもよく見かけますが、その当時は私はTVがまともに見れる環境ではなかったので、その当時から有名だったかどうかは分かりません。

ホワイト餃子って登録商標なんですね。
「秘密のケンミンSHOW」などで北陸のほうのホワイト餃子の店を観ていたので北陸のものだと思っていましたが、元々は千葉の野田のものなのですね。

焼いたホワイト餃子の持ち帰りをしました。
生や冷凍だと大阪までもたないし、自分でうまく焼けるかどうか心配だったので。
やはり人気のようで少し並びました。
勿論、お店の中でもいただくことができます。
車の中がずっと餃子の匂いで、食欲ばかりが増幅されます。

パッケージはこんな感じです。
茶しん2.JPG

とりあえず10個入にしました。
茶しん3.JPG

レンジであたためていただきましたが、旨いのなんのって。
餃子というよりは「パン」のようでした。
これはファンが多くて当たり前ですね。
茶しん4.JPG

食べた当日にテレビ大阪の「おとな旅あるき旅」で紹介されていたので、タイミングの良さには驚きです。






「株式会社茶真商店」さんのURLは下記の通り。
http://www.chashin.co.jp/

ホワイト餃子グループのURLは下記の通り。
http://white-gyouza.co.jp/
nice!(16)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

農産海産 亀晴(京都府亀岡市) [日本料理]

今年の2月にランチをいただいた時のことです。

亀岡市役所のすぐ傍のお店で人気店です。

いただいた時間帯が少し遅かったのでたまたま空席があったので、ランチにありつくことができました。

「亀晴」さんです。「かめはる」と読むそうです。
亀晴1.JPG

亀岡牛ハンバーグが付いた「竹かご膳・上」をいただきました。

ランチコースもお得そうなので、ママさん会や女子会、オフィスの昼食会にはちょうど良いですね。

最初に茶碗蒸しが運ばれてくるのは珍しい。
亀晴2.JPG
亀晴3.JPG

そして「竹かご膳」です。
亀晴4.JPG
亀晴7.JPG

これはスゴイ! いろんな種類が犇めきあっています。しかもヘルシー!
亀晴5.JPG

女性が喜ぶ内容ですね。
見た目も美しい!
味付けも京都らしい素材をいかした感じです。
これは下拵えとか大変だろうなぁ。
期待を超えています。

亀岡牛ハンバーグはイタリアンな感じですね。
亀晴6.JPG
トマトソースです。「亀岡牛」ってのもあるんですね。
いずれにしても和牛は素晴らしい。

海老フライの下に卵が隠れていました。
亀晴8.JPG

お得感、満足感、共に大です。
人間は美味しいものを食べると自然と笑顔になりますね。
亀岡で晴れた気分になれます。







こちらのお店のURLは下記の通りです。
http://fat-m.jp/kameharu/
nice!(23)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

みくり(大阪の堺) [居酒屋]

すみません、今年の2月のこととなります。

南海本線の堺駅の南口から程近い場所にあります。

以前から気になっていたお店でもあり、いつも満席っぽいので、入るのに遠慮していました。

ABC朝日放送の『今ちゃんの「実は…」』でも紹介されていました。
ベタ褒めでした。

「みくり」さんです。

外観写真は撮り忘れました。

平日に覗くといつも満席で、土曜日の割りと早い時間帯だったからか、席が空いていたので入ることができました。

カウンターだけのこじんまりとしたお店で、あの俳優の松〇豊さんのサインがありました。
リアル「孤独のグルメ」が実現した貴重なお店です。これはスゴイ。

京都でいうところの「おばんざい」がカウンターに並べてあり、食欲をそそります。

なにわともあれ生ビールです。
みくり2.JPG

あっさりと蟹とわかめを炊いたやつです。
みくり1.JPG
良いお味です。

生ハムのスパゲッティーサラダです。
みくり3.JPG
案外こういうのを置いているのは大衆酒場っぽいですが、生ハムで差をつけているのでしょう。
ペロリといただきました。

お造りです。
みくり4.JPG
お造り自体の温度に気を遣ってあり、魚の生の旨味を感じ取れる一品。

メニューにあると必ず注文してしまう「とんぺい」。
みくり5.JPG
お店によってやっぱり違いますね。

途中からワインに切り替えました。
みくり6.JPG

最後にパスタをいただきました。
みくり7.JPG
こちらのお店はパスタも人気のようで、他のお客さんも必ず注文していました。
なるほど、味にせよ堅さにせよ、確かに程良い塩梅。
きっと松〇さんも気にいったことでしょう。

料理の味とマスターの気遣いで常連の胃袋を掴んで離さない良いお店です。






こちらのお店の所在地等は下記の通り。
【所在地】大阪府堺市堺区竜神橋町1-6-10 フェニックス堺 101
【電話番号】072-229-5423
タグ:みくり
nice!(23)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

博多らーめん 六寶(兵庫県三田市) [麺類]

こちらのお店も何度かいただいたことがあり、本格的な博多らーめんなので替え玉をせずにはいられません。

「博多らーめん 六寶」さんです。「むほう」と読みます。
六寶1.JPG

メニューが非常に豊富で、選ぶのが楽しみなのですが、シンプルに「豚骨らーめん」とあらかじめの替え玉と「餃子サンダー」にしました。
六寶2.JPG

「餃子サンダー」は持ち帰りで三田名物のお土産になっているようです。

紅生姜と高菜と胡麻を投入し、
六寶3.JPG

スープをあまり口に吸い過ぎないように麺だけ美味しくいただきます。
六寶4.JPG

そこへ替え玉を投入。
六寶5.JPG

替え玉も水っぽくなくいただくことができます。
六寶6.JPG

何故か餃子が5個先に出され、残り1つは後で小皿で出されました。
六寶7.JPG

どんな事情だ?!

1個だけ落としたか?!

まあぁ、旨いからいいか。

餃子は当たりはずれがあるのがらーめん屋ですが、ここは当たりです。

辛味噌のような調味料が添えてあるのが珍しいです。

体重を気にしなければもっと食べたいところです。






こちらのお店のURLは下記の通り。
http://www.ramen-saburoku.jp/muhou/index.html
nice!(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

豆めし 廣田家(大阪の住吉大社近く) [日本料理]

こちらは、大阪の食文化を語るうえでも大変重要なお店です。

南海本線の「住吉大社駅」から近くです。

何度かお昼ご飯をいただいています。

外観写真を撮り忘れました。

「豆めし 廣田家」さんです。

こちらのお店のHPを見れば分かりますが、明治時代に現在の大阪の四ッ橋にあった「廣田家」さんという旅館がルーツです。
大正の初めにその旅館が道路拡張のため立ち退く事になり、住吉公園で茶店を開いて、住吉大社の参拝者や住吉公園の来園者に向けて商売を始めたのが今のお店の原形だそうです。

この日はお造り定食をいただきました。
廣田家1.JPG

ご飯が名物の「豆めし」となっています。
廣田家2.JPG
引き継がれてきた伝統の重要さもありますし、大阪の郷土食としての重要さもあります。
大豆ですから、納豆でご飯を食べている時と風味が似ていますが、素朴で、かつて近代化に向かう大阪の食を味わうことができます。

箱寿司もそうですが、食い倒れの街大阪の食文化の歴史は大々的に表に出ることはありませんが、今の時代にも大切に引き継がれています。






こちらのお店のURL、facebookのURLは下記の通り。
http://www.oct.zaq.ne.jp/hirotaya/
https://ja-jp.facebook.com/daizumamemeshi
nice!(15)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理
メッセージを送る