So-net無料ブログ作成

三嶋製麺所(香川のまんのう町) [麺類]

まんのう町には名店がいくつかあって、何度も通ったはずなのにチェックしておらず食べ損ねていました。
唯一食べたことがある「やまうちうどん」さんから割と近かったように思います。
「やまうちうどん」さんの以前の記事はこちら→http://doudesyousimasu.blog.so-net.ne.jp/2013-07-21


看板も何もなく半信半疑でお店を覗きました。

「三嶋製麺所」さんです。
三嶋製麺所1.JPG

時間が早めだったからか、私以外にたまたま客はおらず、手本となるはずの他の客がいないという事態に不安を抱きながら入店すると、案の定、容赦ない常連相手じゃないと通じないような感じの状況が私を出迎えました。

以前、香川出身の同僚から、「本当にツウ好みのうどん屋は民家のようなところで、看板も何も出ていない。うどんにかけるのは生醤油のみ。」と聞かされていましたが、まさしくそんな店でした。

お店のお兄さんに初心者とすぐに見抜かれ、恥ずかしい思いをしたので、あまり何がどうだったか覚えていませんが、うどんの玉数を選んで、温かいほうか冷たいほうか、卵をかけたければかけて、唐辛子を入れたければ入れて、醤油をかけて食べるというスタイルだったと思います。
三嶋製麺所2.JPG

私のすぐ後に2組入店したのですが、それだけで座る席が一杯になるような店内でした。

緊張してて味をあまり覚えていませんが、旨いのに安いので「こんなんで儲けになるの?」と要らぬ心配をしながら食べたことを覚えています。
三嶋製麺所3.JPG
三嶋製麺所4.JPG
香川県民でなければ、なかなか難しい世界です。

ガイドブックによるとこちらのお店は映画「UDON」の一杯目のお店なんだとか。



この後同じまんのう町の「谷川米穀店」を目指しましたが、まず車が置けない。しかもかなり長い行列になっていたので断念しました。




こちらのお店の所在地等は下記の通り。
【所在地】香川県仲多度郡まんのう町川東276
【電話番号】0877-84-2266
タグ:三嶋製麺所
nice!(10) 
共通テーマ:グルメ・料理

美奈登(香川の金毘羅宮の近く) [居酒屋]

前記事の八千代さんから歩いてすぐのところにあり、たまたま見つけて入ってみました。

夏場でしたが、心地よくエアコンが効いており、快適でした。

「美奈登」さんです。
美奈登1.JPG

まずはビール。
美奈登2.JPG

お通しは烏賊を炊いた物でしたが、これがいきなり美味しかったので期待が膨らみました。
美奈登3.JPG

無難に冷や奴をいただきました。
美奈登4.JPG
何かいつも口に入れているものと違う、繊細な感じの削り節が使ってあって、オーナーさんはひょっとして大きな旅館の元板長さんではないのか、只者じゃないなとふと思いました。

あまり裕福ではないので吟味に吟味を重ねて、いつもより少し安くなっていたサンマの刺身を注文。
美奈登5.JPG
これがまた旨い。
サンマをお造りで出せる鮮度で仕入れるのも大阪ではあまりないのでそれだけでも感動ですが、そのうえめっちゃ旨かった。
盛り付けも綺麗。

折角なので骨付鶏を注文。

持ってきた小説を読みながら待ちました。
最近、一人で呑みに行く時は小説を読みながら呑むことにしています。
酔うと小説に集中しやすくなりますし、ほろ酔いで読むと気持ちいいのです。

香川の地酒「国重」をいただきながら骨付鶏を堪能しました。
美奈登6.JPG

鋏で切りながらいただきます。
美奈登7.JPG



他にも珍しいメニューがいくつかあって、私の財力では楽しむことはできませんでしたが(そんなに高い訳ではありません。私が裕福ではないだけです。)、例えば、
  ・三豊なす田楽
  ・いちぢく天
  ・和牛ザブトン
  ・徳島県産足赤えびの刺身
  ・高知県産マンボウの刺身
等々、魅力的でした。

お店の人と話を一切しなかったので、味しか分かりませんでしたが、良いお店だと思います。





こちらのお店のfacebookのページは下記の通り。
https://www.facebook.com/四国こんぴら美奈登-739711889460585/
タグ:美奈登
nice!(16) 
共通テーマ:グルメ・料理

こんぴら温泉湯元八千代(香川の金比羅さんの近く) [お宿]

こちらはなんといっても大阪の毎日放送の「ロケみつ」で、桜の稲垣早希ちゃんがブログ旅の中でお金がないのに奇跡的に無償で泊めてもらったという伝説のお宿です。

女将さんの一言で早希ちゃんが助かった訳ですが、世の中にこんな優しい慈悲深い人がいるのかと思うと心洗われます。

「こんぴら温泉湯元八千代」さんです。
八千代1.JPG

私はビジネスで一人でしたので、食事なしの素泊まりをさせていただきました。

本当は食事もいただきたかったのですが一人なので仕方ないですね。

リニューアルされているのか、ロビーはモダンでありながら日本的で、落ち着いた雰囲気でした。
八千代2.JPG

お部屋も随時リニューアルされていることが窺え、綺麗なお部屋でした。
八千代3.JPG

トイレも新しい感じがしてすごく綺麗で快適でした。

そして温泉。癒やされました。露天もあります。

享保10年(1725年)より『志らがや』として創業し、現在15代続く老舗旅館だそう。

1725年は徳川吉宗の時代です。凄い。





こちらのお宿のURLは下記の通り。
https://www.yachiyo.cc/
nice!(8) 
共通テーマ:旅行

灸まんうどん(香川の琴平) [麺類]

こちらのお店の前は何十回と通り過ぎていますが食べたことはありませんでした。

「セルフ 灸まんうどん」さんです。
灸まんうどん1.JPG

こんぴら温泉群の近くにあります。

「かけ」に揚げを入れてウズラフライと一緒に。
灸まんうどん2.JPG

こんぴらのお土産の定番の「灸まん」の「灸まん本舗石段や」さんが経営している讃岐うどん店なので結構老舗で名店なのですね。

旨かったです。




こちらのお店のURLは下記の通り。
https://kyuman.co.jp/udon/
nice!(16) 
共通テーマ:グルメ・料理

カフェ木の香り(鳥取市) [その他]

鳥取の駅前の商店街の中にあります。

こちらもHTBの「おにぎりあたためますか」で紹介されたお店です。

店主の方がユニークな方だったのが印象的で、よく覚えていました。

「カフェ木の香り」さんです。
木の香り1.JPG

薬膳カレーと有機栽培コーヒーのお店なのですが、それだけではない。

いろいろなこだわりと工夫、豊富なメニュー、根強い人気、女性からの支持などから努力が窺えます。

連れは満腹だったので、カレーアイスと有機栽培コーヒーを。
木の香り2.JPG
木の香り3.JPG

「カレーアイス」は不思議とアイスクリームとマッチしており、コーヒーに添えてある焼き菓子(何て名称か忘れました。)もカレーが生かされながら大変美味しく、焼き菓子として成立しており、この焼き菓子は購入して土産として持ち帰りました。

こちらのお店で使われているカレーのスパイスのカルダモンは、消化を助けるなどのいろいろな効能があり、実際お腹の調子が悪かったのですが、こちらのお店で食事をしてから調子が良くなりました。本当です。


私は「やくぜんオムライスカレー」をいただきました。
木の香り6.JPG

サラダ付きです。
木の香り4.JPG

ヘルシーなカレーなのでスープがサラサラでしたが、めっちゃ旨かったです。

サフランライスのオムカレーなので手間がかかっていますね。
木の香り7.JPG

好みでカルダモンのパウダーをかけていただきます。
木の香り8.JPG

このカルダモンという代物、木の香りがするのです。木の風味と言いますか、だから屋号が「木の香り」なのかなと一人で推理しています。

サフランの効能も体に良いみたいですし、「やくぜんカレー」と銘打っているのも納得です。

器もカトラリーも凝っていました。
木の香り5.JPG
木の香り9.JPG

兎に角、カレー王国鳥取の中で個性際立つお店でした。




こちらのお店の所在地等は下記の通り。
【所在地】鳥取県鳥取市栄町659
【電話番号】0857-29-0035
nice!(9) 
共通テーマ:グルメ・料理
メッセージを送る