So-net無料ブログ作成

お食事マルシェ(広島県府中市) [洋食]

4月中旬のこととなります。

たまたま見つけたお店です。

この広島県の府中市の上下町はアンガールズの田中さんの出身地で有名ですね。

ものすごくのどかで、古い町並みが残っていて、良い所です。

全く期待していなかったので、田舎町の定食屋さんだとばっかり思って入店しました。

料理が出てくるとこちらのお店をなめてた自分を恥じました。

「お食事マルシェ」さんです。
マルシェ1.JPG

限定10食の日替わりランチにありつけました。9食目でした。

豚肩ロースのバジル焼き、揚げ鶏マヨネーズソースです。
マルシェ2.JPG

この盛り付けの綺麗なこと。
マルシェ3.JPG

味もホテルで食事してる錯覚に陥ります。

夫婦でこのお店をされているようですが、この旦那さんも只者ではない気がします。

ただ、スープではなく味噌汁なのが不思議でした。

まぁ洋食屋さんは味噌汁が出るお店が多いか。

値段が税込表示なのも嬉しい。




こちらのお店のURLは下記の通り。
http://ww81.tiki.ne.jp/~marche/index.html
nice!(15) 
共通テーマ:グルメ・料理

喫茶ベニ屋のカレー(鳥取市) [洋食]

こちらのお店も目的の一つでした。

HTBの「おにぎりあたためますか」でも紹介されており、先日のTV大阪の「おとな旅あるき旅」でも紹介されていました。

「喫茶ベニ屋」さんです。
ベニ屋1.JPG

鳥取はカレールーの消費量が日本一とのことで、そういえば日本テレビの「秘密のケンミンショー」でも取り上げられていましたね。
ベニ屋2.JPG

お昼時からは少しずれていましたが、こちらのお店は老舗で有名店ということで行列ができていました。

普段は行列には並ばないタチなのですが、折角なので並び、ありつくことができました。

私はチキンカツカレー、
ベニ屋3.JPG

連れはカツカレーにしました。
ベニ屋4.JPG

よく煮込まれていて、舌触りが良く、色が濃く、シャビシャビではなく、コクがあって旨いカレーでした。

カレーもさることながら、カツが旨かった。

衣の細かさ、肉の均一さ、まるで優等生、懐かしい洋食屋さんで出てくるような洗練されたカツレツという印象でした。サクサクでした。

もとは化粧品屋なので「ベニ屋」なんだとか、仕事が細かいのがわかる気がします。

有名人のサインも多く飾られていました。

良い思い出になりました。





こちらのお店の所在地等は下記の通り。
【所在地】鳥取市末広温泉町 151
【電話番号】0857-22-2874
タグ:ベニ屋
nice!(12) 
共通テーマ:グルメ・料理

カフェ&レストラン GRAND(グラン)(大阪の貝塚の駅前) [洋食]

こちらのお店は朝昼がメインです。

モーニングとランチがお得です。

お昼ゴハンをいただきました。

「カフェ&レストラン GRAND(グラン)」さんです。
グラン1.JPG

日替りのランチで、チキンと蒸し野菜のプレートをいただきました。
グラン2.JPG

店内もかわいらしいのですが、料理もかわいらしいのが女性向きではありますが、男性でも満足感は充分です。

味が良くてヘルシー、モーニングも名古屋に勝るかもしれない内容のようです。
グラン3.JPG
グラン4.JPG

確かに貝塚駅前にはこういうお店はなかった気がします。

地元住民に愛されるお店だと思います。
グラン5.JPG





こちらのお店の所在地等は下記の通り。
【所在地】〒597-0001大阪府貝塚市近木7-5 グランドストア1F
nice!(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

かうぼーい(大阪の裏なんば) [洋食]

以前からお店の存在は知っていましたし、TVでも取材を受けていることも知っていましたが、食べたことはありませんでした。

ガッツリと食べたい時には満足できるお店です。

「かうぼーい」さんです。
かうぼーい1.JPG
法善寺横丁のほうにもお店があるようで、HPは文字化けしていて、どこが本店なのかまだ理解していません。


まずはビール。
かうぼーい2.JPG

私はハンバーグにミルヒィーユカツのトッピングをしました。
ライスはお腹がパンパンになるのを防ぐために注文しませんでした。
かうぼーい3.JPG

連れはハンバーグを小さいサイズにして、チーズをのっけて、カニクリームコロッケのトッピングを。
かうぼーい4.JPG

中年になっても、こういうボリュームたっぷりのハンバーグを食べたい時がやたらあるので、がっつきました。
挽肉の食感がある程度残ってるほうが好きなのですが、まさしくそんなハンバーグです。
黒毛赤ワイン牛を使用したハンバーグだそうです。
かうぼーい5.JPG

トッピングもご飯がすすみそうな揚げ物で正解です。





こちらのお店のURLは下記の通りです。
http://www.steakcowboy.com/shop/hamburg/
タグ:かうぼーい
nice!(11)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

KATSUMESHI IROHA’S(加古川駅前) [洋食]

あえて洋食にさせていただきました。

「かつめし」は以前、一休亭さんでいただいおりますが、こちらも有名店のようです。

一休亭さんの記事はコチラ→http://doudesyousimasu.blog.so-net.ne.jp/2012-02-26

TVの取材、タレントさんが来店しているお店です。

例えば、トミーズ雅さん、月亭八光さん、ばんばひろふみさん、団長さん、もう中学生さん…。

雅さんのおススメならば間違いありませんね。

「かつめし いろはーず」さんです。
いろはーず1.JPG

お肉屋の「肉のいろは本店」さんが経営しているかつめしのお店のようです。

特徴としては、大別して下記の3種類があり、

  元祖のデミグラス風の「赤いかつめし」
  ホワイトソースがベースの「白いかつめし」
  ほうれんそうとバジルの「グリーンかつめし」

ごはんの量をギガ盛りまで選ぶことができ、

さまざまなトッピングができる ということですね。

ビーフかつめしの、「赤いかつめし」と「グリーンかつめし」のハーフ&ハーフにしました。
いろはーず2.JPG

ごはんの量は大盛にしたかどうか忘れました。

箸でいただくのが流儀だそうです。

見た目も食欲をそそりますし、実際おいしいですね。

簡単に言ってしまえば、ビーフカツトッピングのハヤシライスですが、それでは済まされない気がします。

2種類の味を楽しめるのは嬉しい限りです。

加古川市民のソールフードとしてこれからも進化・発展していくのでしょう。
いろはーず3.JPG






こちらのお店のURLは下記の通り。
http://www.beef168.co.jp/irohas/


nice!(14)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

田舎洋食いせ屋(広島県呉市) [洋食]

引き続き呉です。

こちらのお店もHTBの「おにぎりあたためますか」で紹介されたお店です。

元祖洋食が味わうことができます。老舗です。

「田舎洋食いせ屋」さんです。
いせ屋1.JPG

以前食べようとお店まで来た時には休みで悔しい思いをしたので、喜び倍増です。

お客さんが頻繁に来るのが人気の証です。

実際、芸能人も来店していますね。あとう快さん、ペナルティのワッキーさん、大泉洋さん、そしてなんと、大滝秀治さん!!


とりあえずビールですね。
いせ屋2.JPG

まず、かつ丼ですが、その当時、デミグラスソースを再現したということがよく分かります。
いせ屋3.JPG
もちろんデミグラスソースそのものではありませんが、その当時の材料で「よくここまで近づけることができたな」と思える味です。
和風なとろみを効かせた昭和のデミグラスソース。


そして肉じゃがです。
いせ屋4.JPG
「正統派の王道肉じゃが」というか、肉じゃがはこうあるべきというか、じゃがいもにもよく味がしみていて、美味かったです。

にくじゃがは舞鶴が先だと思いますが、味は負けていません。


歴史とロマンを味わえる名店です。




こちらのお店の所在地等は下記の通りです。
【所在地】広島県呉市中通4-12-16
【電話番号】0823-21-3817
nice!(17)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

つよしのコロッケ(奈良市) [洋食]

すみません、これも7月中旬のこととなります。

奈良市の住宅街にあるコロッケ屋さんです。
決して分かりやすい場所にはないので、地元の方々から支持を受ける隠れ家的名店のようです。
テイクアウトもできるので近所の主婦の方々が続々と買いに来ていました。
「つよしのコロッケ」さんでランチをいただきました。
つよしのコロッケ1.JPG
HTBの「おにぎりあたためますか」でも紹介されたお店です。
店内を見渡すと、あのビートたけしさんが来店された写真が飾ってありました(スゲー!)。

「コロッケでごはん」という、コロッケが二種類選べるランチになっており、
エビクリームコロッケとナチュラルポテトコロッケにしました。

コロッケはご主人のフランス料理仕込みなのでもちろん美味しいのですが、この手作り感のある何ともかわいらしい演出にやられます。
つよしのコロッケ2.JPG

棚も、器も、針金アートも何もかもかわいい。
洒落たカフェって感じですね。
女性が喜びそうなランチです。
食べるのが勿体ない。
つよしのコロッケ3.JPG

そんなかわいいお店なのに、女性が並ぶカウンターの隅でおっさんが一人食べている姿は異様だったかもしれません。
つよしのコロッケ4.JPG

席はカウンターが少しあるだけなので、予約が必須ですね。

コロッケは通販もしているようです。






こちらのお店のURLは下記の通り。
http://www1.kcn.ne.jp/~ellies/index.html
nice!(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

えびめしや 万成店(岡山市) [洋食]

こちらのお店もTV番組の「秘密のケンミンショー」や「おにぎりあたためますか」などでも紹介されている有名店ですが、食べたことは一度もありませんでした。

一度食べたら味もサービスの良さにも惚れてしまいます。なのでランチを続けて食べに行きました。


「えびめしや 万成店」さんです。
えびめしや9.JPG

「えびめし」だけを出すB級グルメの名店なのかと思いきや、キレイで美味しい洋食屋さんでした。


人気が凄いです。

メニューを見ると「えびめし」だけでなく、「黒ごはん 白カレー」や「ブラックカレー」など魅力的な品がすらり。

「ふなめし」なんてのもあります。


初めていただいたのは「えびめしプレートランチ」のオムえび替えで、煮込みハンバーグです。

まずスープが付いています。
えびめしや2.JPG

「オムえび替え」はえびめしをオムえびめしにするということです。
えびめしや3.JPG

肝心のえびめしは、ウスターソースのような酸味を少し感じながらのデミグラスソース味でした。
えびめしや4.JPG

えびが結構入っているのも魅力ですし、なんといってもべたつきそうなのに実にパラパラに調理されていることに脱帽です。これはなかなか真似できないんじゃないかなぁ。

玉子もふわっふわ、ハンバーグも洋食屋さんのハンバーグですね。めっちゃ旨い。

ハンバーグの味はえびめしの味と被りそうなのですが、ちゃんと変えてあって被っておらず、それも素晴らしい。



それに、ランチにたった99円でサラダやポトフを付けることができるのです。これがまた凄い。

その99円の「えびめしやサラダ」です。
えびめしや1.JPG

器がでかくて量も多い!

「野菜をたっぷりと食べて欲しい」というお店の心意気がニクイ!



2回目は、「週替わりランチ」のえびめし替えにしました。
えびめしや10.JPG

えびめしと帆立のかき揚げとチキンのクリームシチューなのですが、全て美味です。
えびめしや7.JPG

クリームシチューはドロッとしておらず、あっさりなのに美味しい逸品でした。
えびめしや6.JPG

岡山は洋食天国ですね。

99円の野菜たっぷりポトフで撃沈です。
えびめしや5.JPG

こんなたっぷり出して採算合うのかなぁ? 心配してしまいます。

食後のドリンクも99円です。
えびめしや8.JPG


店を出るときに店員さんが店先まで見送ってくれるのも人気の秘訣だと思います。






こちらのお店のURLは下記の通りです。
http://www.indeira.net/ebimeshiya/mannari.html
nice!(11)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

デミカツ丼でおなじみの「味司 野村」(岡山市) [洋食]

岡山名物として、「えびめし」と「デミカツ丼」は食べておきたいところです。

ガイドブックにも載っている老舗の「味司 野村」さんで、「デミカツ丼」を初めて食べました。
野村1.JPG
9月初旬のことになります。

そういえばMBSのロケみつの西日本横断ブログ旅で稲垣早希ちゃんも食べていましたね。

メニューには「ドミグラスソースカツ丼」となっています。


「ヒレ」にしました。

「子カツ丼」は子供の豚ではなく、3分の2の大きさで、「孫カツ丼」は孫の豚ではなく、2分の1の大きさなのですね。
初めてメニューを見た時には食券を購入する時に迷ってしまい、後ろの人に迷惑をかけてしまいました。

店内は照明を弱くしてるので、写真を撮るときにフラッシュが必要でした。
野村2.JPG

流石に老舗の味というか、和のデミグラスというか、味噌のような深みもあり、濃く、子供から大人まで親しめる味ですね。
野村3.JPG

カツの下には茹でたキャベツが敷いてあります。
野村4.JPG

こちらのお店では、量を求めず、味わいを大切にしましょう。

老舗なのでB級グルメと言ってしまうと失礼になるような気がします。でもB級グルメの元祖になるのか。






こちらのお店の所在地等は下記の通り。
【所在地】岡山県岡山市北区平和町1-10
【電話番号】086-222-2234
nice!(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

一休亭(兵庫県加古川市) [洋食]

あえてカテゴリーを洋食にしました。
「カツめし」は加古川の名物ですが、但馬牛の仔牛肉にこだわった「カツめし」の有名なお店です。

「一休亭」さんです。
一休亭1.JPG

HTBの「おにぎりあたためますか」の取材もきているお店です。
有名なお店のようで、場所は大きな道路には面していませんが、地元の方々が次々に入店してきました。
地元密着型のお店のようです。

「カツめし」は金額によって肉の大きさや全体の量が決まっているとのことで、上にいくほどお得になるとのことでしたが、あまり裕福ではなかったので下から二番目を選択しました。
一休亭2.JPG

お店のホームページには、「国内で育てられた牛の中で、約200頭に1頭の割合でしかいない牛の、最高のロースだけを扱う店です。」とあるように、肉がすごくやわらかかったです。
一休亭3.JPG

デミグラスソースのようなソースがかかっていて、これも人気の秘訣なのでしょう。
自家製ブラウンソースだそうです。まさに究極のソースという味です。


サービスでコロッケが付いてきたのですが、実は私はこのコロッケに脱帽でした。
めちゃくちゃ旨かったです。
クリームコロッケに近い気もしますが、使っている出汁というかスープが効いている感じです。
このコロッケ自体はメニューにはないようですが、中身のジューシーさというか、旨味の凄さというか、絶品でした。
もちろんカツめしも絶品ですよ(誤解されないように。)。
一休亭4.JPG


老舗のようで、マラソンの瀬古選手など有名な方々も来店されているようで、写真が店内に飾ってありました。

カツめしだけでなく、ステーキやビフカツ、焼肉、しゃぶしゃぶなどもいただけます。





こちらのお店のURLは下記の通り。
http://www2.memenet.or.jp/fumihiko/business/
nice!(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理
メッセージを送る