So-net無料ブログ作成

みよしの狸小路店(札幌) [その他]

札幌で吉野家みたいなチェーン店だと知りました。
確かにHTBの「おにぎりあたためますか」でも紹介されていました。

別の店舗になりますが、「みよしの狸小路店」さんで持ち帰りをしました。
みよしの1.JPG

創業昭和42年、餃子とカレーの「みよしの」さん。

これも地元の人から「一度くらいは食べておけ」ということでしたので、一番お勧めのセットにしました。
カレーと餃子が別々になっている「みよしの弁当」です。

これが店内でいただくと「みよしのセット」になるわけですね。

店内は狭かったですが、お客さんでビッシリ。まぁだから持ち帰りにしたのですが。

人気ですね。

なんといってもこのロープライスが魅力的で、餃子は味が濃いめで癖になる感じで、どこか懐かしさがあると感じました。
みよしの2.JPG

カレーとの相性もよく、何故かカレーも懐かしさを感じます。

足らないかなと思いましたが、満足感が結構あります。

道産子の昭和の象徴といいますか、昭和を感じることができました。




こちらのお店のURLは下記の通り。
miyoshino-sapporo.jp/
タグ:みよしの
nice!(9) 
共通テーマ:グルメ・料理

町のすし家 四季 花まる 時計台店(札幌) [日本料理]

時計台の近くのビルの1Fにあり、先日(2017年11月)、日本テレビの「火曜サプライズ」というTV番組で大泉洋さんと松田龍平さんが「探偵はBarにいる3」の告知を兼ねて、大泉洋さんがお勧めするお店として食べに来ていたお店です。
私は2回ランチをいただきましたが、それよりも前のことだったので、自分の知っている店がTVで紹介されると大興奮でした。

「町のすし家 四季 花まる 時計台店」さんです。
花まる4.JPG

確かに毎日行列ができているので、少し時間をずらして行かないとありつけませんでした。
人気のお店です。
もともと根室のお店なのですね。
何店舗かあるのですね。


1回目は、ランチメニューの「その日まかせのまんぷく丼」をいただきました。
花まる1.JPG

マグロ丼とサーモン・イクラ丼とサンマ丼でしたが、この値段でこれだけいただけるのもリーズナブルで、魚介王国北海道の魚なので新鮮さにも期待ができます。
花まる2.JPG

あら汁は味噌仕立ではなかったので珍しいと思いました。醤油のおすましといったところですか。
花まる3.JPG

2回目はどうしても旬のウニを食べておきたかったので、単品で季節の5カンと一緒にウニだけ単品で注文しました。
花まる5.JPG

5カンの種類について何も説明がなく、忙しそうで問う隙間もなかったので残念でしたが、味は絶品でした。

肝心のウニはミルキーでクリーミーで、昆布の風味がほんのりとして、普段食べるウニとはやはり明らかに違うウニでした。
花まる6.JPG

ウニでも種類や、処理の仕方や、鮮度によって味が変わるのだと思いますが、脱帽でした。

流石は北海道。何か違う。





こちらのお店のURLは下記の通り。
http://www.sushi-hanamaru.com/
タグ:花まる
nice!(9) 
共通テーマ:グルメ・料理

175°DENO担々麺 本店(札幌) [麺類]

こちらもHTBの「おにぎりあたためますか」で紹介されたお店です。

札幌駅前にも店舗ができたようで、地元の人からも「あそこは週末に行列ができているのを見たことがありますよ。」と聞いていました。

晩ご飯をいただきました。

「175°DENO担々麺 本店」さんです。
175°1.JPG

担々麺がくるまで瓶ビールで口の中を潤します。
175°2.JPG

一番の特徴としては、こちらのオーナーさんが四川省の山奥で直接買い付ける香辛料を使用した自家製のラー油を使用していることでしょう。
175°3.JPG

日本未入荷で初の『四川花椒』だそうです。

汁なし担々麺なのでまぜそばのように混ぜていただきます。
175°4.JPG

唐辛子の辛さではなく、この香辛料というのは本場の山椒だそうで、確かに食べると舌がピリピリしてきますが、体に良さそう。

カシューナッツも相性がいいですね。

平麺はこのまま永遠にずっと食べていたい。

私は初夏とかに山椒が売っているのを見つけると、購入して下ごしらえのあと冷凍して料理に使ったりしますが、それに比べてもこの四川山椒の辛さはピリリ感が10倍くらい高いような気がします。
175°5.JPG

自分でラー油をかけることができるように置いてありました。
175°6.JPG




こちらのお店のURLは下記の通り。
https://www.175.co.jp/
nice!(12) 
共通テーマ:グルメ・料理

THE MEAT SHOP(札幌) [その他]

翌日のお昼ご飯です。やはり時計台の近くです。

こちらもHTBの番組「おにぎりあたためますか」で紹介されたお店です。

「THE MEAT SHOP」さんです。
THE MEAT SHOP1.JPG

まぁここもお洒落でしたね。札幌は結構内装など店内の雰囲気にに力が入っているのでしょうか。
THE MEAT SHOP2.JPG

2Fにあるお店に関わらず若いサラリーマンやOLで一杯でした。人気です。

ステーキやハンバーガーを本来いただくのが筋ですが、予算的に無理でしたので日替わりをいただきました。

「魯肉飯(ルーローファン)」をいただきました。タイワン風豚肉煮込みかけご飯です。

サラダバーをつけるサラダセットも嬉しいところ。
THE MEAT SHOP3.JPG
THE MEAT SHOP4.JPG

肉はほろっほろ。味付けも八角か何かが効いていてご飯がすすむ感じです。
THE MEAT SHOP5.JPG
THE MEAT SHOP6.JPG

食事をすればコーヒーも飲めます。
THE MEAT SHOP7.JPG






こちらのお店のURLは下記の通り。
http://the-meatshop.com/
タグ:THE MEAT SHOP
nice!(13) 
共通テーマ:グルメ・料理

hiri hiri the SUN premium(札幌) [その他]

あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。
****************************************************************************
看板を見る限り「Firi Firi」だとずっと勘違いしていました。

調べてみると「hiri hiri」なんですね。

札幌で空港以外で本場のスープカレーをいただくのはこちらが初めてです。

「hiri hiri the SUN premium」さんです。
hirihiri1.JPG

実は、こちらではない目的のスープカレー屋がありました。
晩ご飯を食べるべく、宿から小雨降る中20分ほど歩いてたどり着いたらなんと定休日だったのです。
で、スープカレーにありつけず、トボトボ歩いていて、たまたま見つけたお店です。

地元の方によると何店舗かあるお店なんだとか。

入ってみるとまぁなんてお洒落なこと。

ここもカフェのような店内。
hirihiri6.JPG

お客さんは女子高生とか若い人だったので、おっさんとしては恥ずかしいばかりでした。

場違いな自分を恥じているために要らぬ緊張をしたまま席に着き、マンスリースープカレーの「自家製 豚肉味噌と彩り野菜のスープカレー」を注文。

待つ間おっさんらしくビールをいただきました。
hirihiri2.JPG


特徴的なのは、ライスはスープの中に隠れており、野菜が素揚げされて後のせされているところでしょうか。
hirihiri3.JPG

スープカレーを食べなれていない自分としてはライスが中に入っているほうが食べやすいですね。
hirihiri5.JPG

50円出せば辛さが自由に変えられるのも魅力的ですね。

前評判とか知りませんでしたが、正直旨かったです。
hirihiri4.JPG

お店の雰囲気、器、味、とれもこれも満足させられました。

異国の地で一人、たまたま入ったお店が当たりなのは本当に助かります。






こちらのお店の所在地等は下記の通り。
【所在地】北海道札幌市中央区大通西17-2-15 サンポリマービル 2F
【電話番号】011-632-1009
タグ:hiri hiri
nice!(9) 
共通テーマ:グルメ・料理

Japanese Ramen Noodle Lab Q(札幌市) [麺類]

しばらく札幌ネタです。

こちらもHTBの番組「おにぎりあたためますか」で紹介されたお店です。

時計台からほど近い場所にあり、お店がどこにあるのか迷いましたが、よくよく見ると看板を発見。

「Japanese Ramen Noodle Lab Q」さんです。

いただいた当時は単に「Q(キュウ)」という店名だったと記憶しています。

ビルの地下にあります。
Q1.JPG

まず驚くのが洒落オツな店内。若者が好みそうなカフェかクラブのような感じで、テーブルもガラス張りで凝った感じでした。
Q2.JPG

確かオーナーさんがプロのスノーボーダーだったよなぁと思い出しながら、店内をめっちゃ見回しましたね。センス抜群です。

「白湯塩」ではなく、「清湯醤油」をいただきました。初めての人にはお勧めだそうです。
Q3.JPG

器もお洒落で、盛り方も綺麗で、スープもめっちゃ澄んでてキレイ。
Q4.JPG

美味しくいただきました。
Q5.JPG

今回の札幌一発目は大成功。というか札幌はレベル高いな~、やっぱり。




こちらのお店の所在地等は下記の通り。
【所在地】札幌市中央区北1西2-1-3 りんどうビルB1F
【電話番号】011-212-1499
タグ:q
nice!(9) 
共通テーマ:グルメ・料理

お食事処 たかくら(岡山の津山市) [麺類]

続きまして津山です。夏のこととなります。

こちらのお店はHTBの「おにぎりあたためますか」で紹介されたお店です。

「お食事処 たかくら」さんです。
たかくら1.JPG
津山の町中から少し離れた場所にあります(津山北部)。

もちろんホルモンうどんが目的でしたが、どうやら地元民は日替わり定食を食べる率も高いように思いました。
ホルモンうどんもよく注文されていましたね。
たかくら2.JPG

このお店もあっという間にほぼ満席状態。スゲーな津山。

うどんが自家製手打ち麺だということに改めて驚き、確かに讃岐うどんのようにコシがあった。

コシがあるホルモンうどんは珍しいのではないかなぁ?

野菜などの食材も自家製だったりして、こだわりを感じます。

人気があるはずですね。
たかくら4.JPG

各メディアへの露出も多いですね。

山いも料理も食べてみたい。





こちらのお店のURLは下記の通り。
http://takakura1971.web.fc2.com/
nice!(10) 
共通テーマ:グルメ・料理

和ちゅう房 深水(岡山の津山) [居酒屋]

引き続き津山のお店です。そして今年も終わろうとしているのに夏のことです。

晩ご飯をいただきました。

こちらも人気が凄かったです。

平日で割と早い時間(17時とか)でしたが、お客さんが来る来る。

「和ちゅう房 深水」さんです。
深水1.JPG
「ふかみず」さんと読むそうです。

まずは生ビールを。
深水2.JPG

先付のもずく酢です。見た目も味も綺麗でサッパリといただきました。
深水3.JPG

お造り盛り合わせです。
深水4.JPG

この津山という場所は、瀬戸内からも山陰からも良い魚介が入る中間地点なのですね。

盛り付けも綺麗です。

おかわりに瓶ビールをいただきながら、何をいただこうかと迷い、予算的にも珍しさからも最後のこの一品に決めました。
深水6.JPG

千屋牛のタタキです。
深水5.JPG

千屋牛って有るところには有るんですね。しかも豪華!!

今や私には幻の牛肉となっています。この夏の感動でした。


一人でというより家族や仲間内でシェアして色んな種類の料理をいただくほうが良さそうなお店です。

津山も名店揃いで何泊かゆっくりしたい町だと思います。




こちらのお店の所在地等は下記の通り。
【所在地】〒708-0064 岡山県津山市堺町30-6
【電話番号】0868-23-6565
nice!(7) 
共通テーマ:グルメ・料理

串かつ料理 聖(岡山県津山市) [居酒屋]

すみません、今年の夏のこととなります。

前記事も初夏です。いとよりが秋も出回るので最近のことのように見えますが、初夏です。

横溝正史の出身地でもあり、B'zの稲葉の出身地です。

商店街では「B'z 津山凱旋コンサートを期待する署名活動」の一角があり、B'z熱が熱いことが分かります。

そんな津山の商店街から程近いお店です。

「串かつ料理 聖」さんです。
聖1.JPG

ランチをいただきました。

開店後一番に入店しましたが、人気のお店なのでしょう、次から次へとお客がなだれ込み、あっという間に満席。

そりゃそうです。ランチの品も次から次へと出てきます。
聖2.JPG
↓いただいている途中でお漬物が出てきました。
聖4.JPG

これはお得です。味もめっちゃ旨い。

値段以上の、いや通常の満足度の2、3倍を得ると人間は虜になりますね。

↓そうめんも嬉しくて旨い。
聖3.JPG

茄子やら南蛮漬けやら下ごしらえなどを考えると労力が凄そう。

↓コロッケのボリュームと味に脱帽。
聖5.JPG

夜も確実に期待できるお店ですね。

串かつだけでなく、日本料理、洋食、鍋、懐石料理まで楽しめるお店のようです。





こちらのお店の所在地等は下記の通り。
【所在地】〒708-0024 岡山県津山市二階町47
【電話番号】0868-24-5560


nice!(17) 
共通テーマ:グルメ・料理

無双樽(広島県東広島市) [日本料理]

東広島に「寺家」という新しい駅が出来て、その駅前にあります。

マンションの1Fにあるのですが、そのマンション自体が新築なので当然お店もピッカピカです。

かなり早めに入店しましたが人気が凄い。

「無双樽」さんです。「むそうだる」と読むそうです。
無双樽1.JPG

日替わり定食をいただきました。
無双樽2.JPG

お造りと、いとよりの煮付という二つのメインで白飯をかき込みます。

ご飯がお櫃で別個に出てくるのでおかわりも気兼ねなく、腹一杯になるところがニクイところです。

お造りもいとよりも良いお味。新鮮なことがすぐに分かります。
無双樽3.JPG
無双樽4.JPG

茶碗蒸しもついてお得なランチです。

さらに14:00まではアフタードリンク付です。これも嬉しい限りですね。
無双樽5.JPG





こちらのお店の所在地等は下記の通り。
【所在地】広島県東広島市西条町寺家4370-1
【電話番号】082-421-1825
タグ:無双樽
nice!(20) 
共通テーマ:グルメ・料理
メッセージを送る