So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の10件 | -

ふじ白庵 佶楓(和歌山の海南市) [日本料理]

昨年の秋のこととなります。

「鈴木」姓の発祥の地が和歌山の海南市にありますが、そのすぐ近くにあります。

鈴木発祥の「鈴木屋敷」がある藤白神社の隣です。

「ふじ白庵 佶楓」さんです。「キップウ」と読むそうです。
佶楓1.JPG
昨年オープンした日本料理屋(懐石)さんです。

お造りのランチをいただきました。

リーズナブルに本格プチ懐石を味わうことができます。


先附です。
佶楓2.JPG
上品な良いお味。

メインの造里です。
佶楓3.JPG
盛付けがまず綺麗で、流石和歌山だけあって新鮮。
贅沢でした。

焼八寸です。
佶楓4.JPG
まるで京都に来たかのような錯覚に陥ります。
これも贅沢な気分になります。

焚物です。
佶楓5.JPG
上品な風味が口から鼻に抜けます。

ご飯と汁物です。
佶楓6.JPG

デザートと珈琲です。
佶楓7.JPG


藤白神社など海南観光の際には是非この本格プチ懐石をいただきたいものです。
佶楓8.JPG





こちらのお店のfacebookのページは下記の通り。
https://www.facebook.com/fujishiroankippu
nice!(16) 
共通テーマ:グルメ・料理

無双樽 北口店(広島の東広島市) [日本料理]

これは晩夏のこととなります。

東広島に寺家という新しい駅ができ、その北口にオープンしたお店です。

同じ名前のお店で同じく寺家駅前にあるお店とはおそらく別のお店で同じ系列店だと思います。
移転ではなく、近い場所に2店舗あるだと思います。

「無双樽 北口店」さんです。
無双樽北口店1.JPG

「同じ名前のお店で同じく寺家駅前にあるお店」の記事はコチラ→https://doudesyousimasu.blog.so-net.ne.jp/2017-10-12


よく混んでました。

かきフライ定食など魅力ある定食が並ぶ中、日替わり定食にしました。
無双樽北口店2.JPG

日替わりのメインは大好きなアジのフライだったのです。
無双樽北口店3.JPG

ボリュームもありますが、フワっふわの食感。食べ応えがありました。
骨をフライにしてくれているのも嬉しいです。

お箸がメインとお造りと小鉢を渡り歩き、大量の白ご飯を胃袋に流し込みます。
無双樽北口店4.JPG

予想していましたが休むことなくがっつきました。


お造りの醤油は島根の浜田のマルハマ食品株式会社さんの「さいしこみしょうゆ」という刺身醤油でした。甘めでご飯に良く合います。
無双樽北口店5.JPG


駅前の店と同様に、食事をすると14:00まではアフタードリンク付です。

やっぱり凄いランチだと思います。





こちらのお店の所在地等は下記の通り。
【所在地】広島県東広島市寺家駅前14-26
【電話番号】082-422-0345
nice!(12) 
共通テーマ:グルメ・料理

湯快感 花やしき(岡山の湯原温泉) [お宿]

すみません、これも真夏のこととなります。

岡山の湯原温泉にこのお宿はあります。

湯原温泉といえば砂湯が有名でよくTVでも取り上げられますが、こちらのお宿の貸切露天風呂もお勧めです。

大自然を眺めながらの露天風呂はこの上なく贅沢で、非日常的です。

「湯快感 花やしき」さんです。
花やしき1.JPG
露天風呂も楽しみでしたが、料理ももちろん楽しみでした。

食前酒は「自家製梅酒」。
花やしき2.JPG

先付けは「無花果酒蒸し」です。
花やしき3.JPG
旬の食材であり、無花果を酒蒸しにする発想が私にはありません。

前菜です。
花やしき4.JPG
「鰻棒寿司」「豚肉真蒸し蒸し」「山菜漬け」「蟹・オクラ煮凝」
「長芋梅煮」「夏紅葉寒天」「蛸柔煮」「鴨ロース」
「鮭おぼろ昆布巻き」「茗荷味噌漬け」「汲上湯葉」
どれもこれも手がなかなか込んでますね。前菜で既に職人魂を感じます。

造りです。
花やしき5.JPG
間八、平目、帆立、そして何とテラピア!
テラピアは温泉水で養殖されたものだそうで、生まれて初めていただきました。
食べることができるのも驚きでしたが、コリコリしていて平目に引け目をとらないのも驚きでした。

焚合せは「鱧寄せ鍋」。
花やしき6.JPG
花やしき11.JPG
旬な鱧と蛤が贅沢です。

焼物は「豚香り焼」。
花やしき7.JPG
思い出せないのが残念ですが、希少な珍しい貴重な豚だったと記憶しています。
豚バラで堅そうに見えますが、食べると思っていたより柔らかくて、脂がすっきりしていて甘かったのをよく覚えています。これはかなり旨かった。

蓋物は「冷し茶碗蒸し」。
花やしき8.JPG
花やしき9.JPG

強肴の「鱚抹茶揚げ」。
花やしき10.JPG

「もろこしごはん」、「清汁仕立て」の吸い物、香の物は「土居分小菜」。
花やしき12.JPG
旬のトウモロコシの甘さが素朴で美味しかったです。

デザートは美甘産古代米の冷し甘酒です。
花やしき13.JPG


一品一品に創意工夫がなされているのが分かりますし、かなり良い思いをさせていただきました。


画像は載せませんが、朝ご飯も美味しくいただきました。

常連さんがつくのがよく分かる気がします。





こちらのお宿のURLは下記の通り。
http://www.y-hanayashiki.co.jp/
nice!(9) 
共通テーマ:グルメ・料理

橋野食堂(岡山県津山市) [麺類]

これも今年の真夏のこととなります。

HTBの「おにぎりあたためますか」で紹介されたお店です。

津山といったらホルモンうどん、ホルモンうどんといったら津山ですが、超有名店です。

「橋野食堂」さんです。老舗感がハンパないです。創業120年だそうです。
橋野食堂1.JPG

以前、食べようと思い立って行った時は、行列が見えたので泣く泣く諦めました。
でもこの日は少し早めに入店したので並ばずに済みました。

壁には有名人のサインが沢山貼られています。

連れと二人で「ホルモンうどん」と「ホルモンそば」をいただきました。
橋野食堂2.JPG
橋野食堂3.JPG

「ホルモンうどん」は辛さは普通、「ホルモンそば」はピリ辛にしました。

食べてみると「激辛」でもいけてた気がします。

全国から挙って食べに来る味を堪能しました。

香ばしい秘伝の味噌ダレとホルモンの旨みが絡み合う味は絶品です。

メニューには普通のうどん類やそば類、丼やカレーライスもありました。





こちらのお店のURLは下記の通り。
http://hashinoshokudo.web.fc2.com/
タグ:橋野食堂
nice!(12) 
共通テーマ:グルメ・料理

情熱麺屋313(岡山の井原市) [麺類]

真夏のこととなります。

岡山の井原市で313号線を走っていたら、面白いラーメン屋を見つけたので、興味本位に入ってみました。

バス自体がお店になっており、ドアの開閉は客自身でするのですが、何十年ぶりか、童心を取り戻した気がしました。

子供の頃、バスの運転手に憧れ、夢はバスの運転手でしたので、ワクワク感がたまりませんでした。

「情熱麺屋313」さんです。
313-1.JPG

313号線沿いにあるからこのネーミング? 元はまさかバスの運転手とか?


「濃厚えびらーめん」にしました。
313-2.JPG

めっちゃ海老の風味があるスープで、麺は透明感のあるつるつるとしていました。
313-3.JPG

別のお客が乗降する度に車体(お店)が揺れるので、らーめんよりそちらに気がとられます。

他にも醤油らーめん、チャーシューめん、黒醤油らーめんなどいろいろあります。

替え玉も注文してみました。

「味変えび香る替え玉」という替え玉もありましたが、普通の替え玉にしました。
313-4.JPG



どこでこういうバスを入手するんだろうか。

お店のコンセプトとか、個性とか、際立ってます。





こちらのお店の所在地は下記の通り。
【所在地】〒715-0025 岡山県井原市笹賀町436-7
タグ:情熱麺屋313
nice!(11) 
共通テーマ:グルメ・料理

寿司茶屋とっとんめ(岡山市南区) [日本料理]

これも真夏のこととなります。

人気の和食屋さんで、みやぞんがTV取材でこのお店を訪れていたのは記憶に新しいところです。

この日も駐車場も席も満席といった感じでした。

「寿司茶屋とっとんめ」さんです。
とっとんめ1.JPG

お昼に日替り御膳をいただきました。
とっとんめ2.JPG

この金額でお造りも、天ぷらも、魚の煮付けまでいただける驚きと、味の安定感。

店主さんが自ら漁に行くこともあるのですから、新鮮さもウリですね。






こちらのお店の所在地等は下記の通り。
【所在地】岡山県岡山市南区若葉町20-27
【電話番号】086-264-2251
タグ:とっとんめ
nice!(18) 
共通テーマ:グルメ・料理

岡本中華(徳島県小松島市) [麺類]

これも今年の7月のこととなります。

こちらもHTBの「おにぎりあたためますか」で紹介されたお店です。

徳島ラーメンでも「白系」に分類されるお店の代表ともいえる有名店です。

「岡本中華」さんです。
岡本中華1.JPG

お昼時を外して15時頃に行きました。開いてないと思いきや開いていたのでラッキーでした。

店内はすごく綺麗です。

中華そば(大)と味付玉子にしました。
岡本中華2.JPG

やはり豚臭さはなく、博多の豚骨らーめんでも結構豚臭さがあるお店もありますが、あっさりしている印象です。

そしてクリーミーな印象も受けました。
岡本中華3.JPG

これもずっと食べていたい。

白系も制覇です。
岡本中華4.JPG





こちらのお店のURLは下記の通りです。
http://www.okamoto1951.jp/
nice!(11) 
共通テーマ:グルメ・料理

中華そば いのたに(徳島市) [麺類]

すみません、7月のこととなります。

言わずと知れた超有名店「中華そば いのたに」さんです。
いのたに1.JPG

今までいただいたことがありませんでした。

食べたくてもなかなか機会がなかったので、お昼時を少しずらして楽しみに入店。

勿論、HTBの「おにぎりあたためますか」でも紹介されています。

並ばなくて済んだのですが、片側が満席状態。

壁にはビッシリと有名人・芸能人のサインが貼られています。

食券を購入するシステムとは思っていませんでした。

いのたに2.JPG

念願の中華そばは、思ったより豚臭くなく、なぜか徳島製粉の「金ちゃん飯店 焼豚ラーメン」を思い出しました。
同じ徳島で、やはり味が似ているところがあるのでしょうか。

他の徳島ラーメンのお店よりも豚臭くないように思います。

和歌山ラーメンとよく似ていますが、和歌山ラーメンより少しあっさりとしている気がします。

いのたに3.JPG

確かに旨い。永遠に食べていたい。

徳島ラーメンの中でも茶色系の代表ですね。





こちらのお店のURLは下記の通り。
http://www.inotani.jp/instanthp/page01.html
nice!(8) 
共通テーマ:グルメ・料理

奥出雲の旨いもん [その他]

道の駅「酒蔵 奥出雲交流館」で購入した旨いもんです。

他にもいろいろ購入しましたが、画像を取り忘れたのでこの二つだけです。

「奥出雲酒造株式会社」さんの「純米吟醸 仁多米」
純米吟醸 仁多米.JPG

西の横綱と呼ばれるコシヒカリ「仁多米」を使用した純米吟醸です。
記憶にも新しい、TBSのドラマ「ブラックペアン」の中で、二宮君演じる主人公の渡海が毎日食べていたのが「仁多米」ですね。



「奥出雲酒造株式会社」さんのURLは下記の通り。
https://okuizumosyuzou.com/
********************************************************************************************
そして、珍しい「鯖の塩辛」。「松田十郎商店」さんの商品です。
さばのしおから.JPG

なんでも「くるり」のメンバーが絶賛したとか。
「へしこ」によく似ており、我が家ではアンチョビのように使って重宝しました。
パスタで使ったりすると、鯖の旨みのある塩気がたまりません。



「松田十郎商店」さんのURLは下記の通り。
http://matsuda10.jp/
nice!(13) 
共通テーマ:グルメ・料理

Land-leben(岡山県津山市) [洋食]

こちらもHTBの「おにぎりあたためますか」で紹介されたお店です。

洋ちゃんがやらかした、つまりリバースしたお店です。

でも料理はとても美味しいです。

「デリカ&レストラン ラント・レーベン」さんです。
ラント・レーベン1.JPG

津山黒豚で有名な日笠農産の直営レストランということで、肉も野菜も安全・安心・美味で期待が持てます。

私は黒豚ステーキのランチを、
ラント・レーベン2.JPG
ラント・レーベン3.JPG

連れは黒豚トンカツのランチにしました。
ラント・レーベン4.JPG
ラント・レーベン5.JPG

いや~、期待以上に旨かった。

ステーキの味付けもめっちゃ旨かったです。

添えてあるソーセージやハムまでも旨かったので、ランチをいただいてから店内でハムやソーセージなどを購入して帰る人が多いのが納得です。

なぜ洋ちゃんはこんなおいしいお店でリバースしたのだろう?食べ急いだのだろうか。






こちらのお店の所在地等は下記の通り。
【所在地】岡山県津山市志戸部74-7
【電話番号】0868-23-2728
nice!(11) 
共通テーマ:グルメ・料理
前の10件 | -