So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の10件 | -

茶房十五代(島根の奥出雲) [その他]

すみません、7月のこととなります。

TBSのTVドラマ「リーダーズ」のロケに使われた「絲原記念館」が奥出雲にはあります。
「絲原記念館」に入って初めて知りました。
そんな「絲原記念館」の敷地内に小洒落たカフェがあります。

「茶房十五代」さんです。
茶房十五代1.JPG

まだオープンして間もない雰囲気がありましたが、地元の人達と思われるご婦人方が談笑をしていました。

くそ暑い中、良い雰囲気で涼まりながらアイスコーヒーをいただいただけで、良い思い出です。
茶房十五代2.JPG
茶房十五代3.JPG

約400年の歴史をもつ絲原家の現当主の方が15代なのですね。納得です。それにしても歴史も実績もお家柄も凄すぎる。
茶房十五代4.JPG




こちらのお店のURLは下記の通り。
http://itoharas.com/施設案内/茶房十五代/
nice!(5) 
共通テーマ:グルメ・料理

白楽天(愛媛の今治) [その他]

以前から食べたくてしょうがありませんでした。

今治に来たらこれを食べないと始まりません。

以前、今治に行った際に食べ損ねておりました。

「白楽天」さんです。
白楽天1.JPG

「焼豚玉子飯」が目当てです。

こちらも焼豚玉子飯の名店だと知り、割と近くにあったので開店の少し前に行きました。

プチ行列ができており、その後ろに並びました。

焼豚玉子飯のセットメニューがいくつかありましたが、純粋に味わいたかったので単品で注文。
白楽天2.JPG
白楽天3.JPG

食べ方としては、半分をぐちゃぐちゃに混ぜて食べ、その後残りを同様にぐちゃぐちゃに混ぜて食べるということでした。
白楽天4.JPG
白楽天5.JPG

想像通りの味で旨かったですが、今治の中華の名店が作るので、尚更美味しく感じます。
白楽天6.JPG

今治の魂フード、確かにいただきました。





こちらのお店のURLは下記の通り。
http://www.hakurakuten.net/
nice!(14) 
共通テーマ:グルメ・料理

尾道らーめん 一龍(広島の尾道) [麺類]

こちらも言わずと知れた尾道らーめんの名店で、老舗です。

いただくのは初めてでしたが、旨かったなぁ。

「中華料理 一龍」さんです。
一龍1.JPG

らーめんと少なめの炒飯のセットにしました。
一龍2.JPG

らーめんは味がしつこくなく、というのも脂も醤油も見た目ほど濃くなくあっさりとしていて、でも味はしっかりとしているので、美味しく、おそらく高齢者でも最後までスープも飲み干せるのではないかと思うのです。

一龍3.JPG

炒飯も勿論旨い。
一龍4.JPG

これはたまらん。近くに住んでいなくて良かった。通う羽目になる。
一龍5.JPG

尾道らーめんは名店だらけですが、こちらは名店中の名店ですね。





こちらのお店の所在地等は下記の通り。
【所在地】広島県尾道市高須町東新涯4756-16
【電話番号】0848-47-3711
nice!(10) 
共通テーマ:グルメ・料理

地鶏膳所 花どり(兵庫県三田市) [その他]

ただの名古屋コーチンではありません。

篠山の大自然の中、抗生物質を混ぜない完全無薬の安全な飼料で育てられた名古屋コーチンの「松風地鶏」なのです。

その松風地鶏をいただけるレストランがあります。

「地鶏膳所 花どり」さんです。
花どり1.JPG
のどかな場所にあります。

いろいろなメニューがある中、「霜降りもも肉ミンチカツ御膳」をいただきました。
花どり2.JPG

地鶏なのでミンチでないほうが歯ごたえ等々楽しめるのですが、気分がメンチカツでメンチカツの口になっていたので…。

ソースが2種類で楽しめ、ご飯はおかわりができます。

肝心のミンチカツは、ジュシーなのは当たり前なのですが、確かに普通の鶏ミンチとは違い、牛にも豚にも負けないような濃い旨みというか、濃い味を感じます。
花どり3.JPG

こだわって極めると成果は出るものなのですね。手間と投資に力が入っているのが分かります。
花どり4.JPG

高級な鶏とはまさにこういう鶏ですね。

レストランの店頭でもお肉が買えるようになっていますし、通販もあるみたいです。






こちらのお店のURLは下記の通り。
https://www.jidori.com/
nice!(12) 
共通テーマ:グルメ・料理

おでん酒屋 とん平(大阪府高槻市) [居酒屋]

今年初めて「高槻JAZZフェスティバル」に行ったのですが、もの凄い数のアーティストと演奏に大興奮(今年のG.W.のことです。)。

20回目ということもあり、今年は特に力が入っていたそう。

穐山敏子さんとかは、とてもじゃなくハンパない長蛇の列ができていたのであきらめて、飲みに行きました。

阪急京都線の高槻駅にほど近い所にあります。

「おでん酒屋 とん平」さんです。
とん平1.JPG
駅周辺の中でも老舗になると思います。

老舗のおでん屋さんらしく、とても良い雰囲気です。



まずは生ビールで。
とん平2.JPG

辛子と、おでんつゆと、串入れが最初に出されました。
とん平3.JPG
とん平4.JPG

おつまみセットです。

いぶりがっこと海鮮の和え物でした。この段階でめっちゃ旨かった。
とん平6.JPG

おでんを5種類いただきました。
とん平5.JPG

流石老舗の味。出汁は見た目が醤油の色が少し強いように思いましたが、良いお味でした。
出汁がよくしゅんでいました。

この時期(春)ならではのワラビのお浸しもいただきました。
とん平7.JPG
今年も自分で何度か炊いたので興味津々でしたが、自分で作ったのとは雲泥の差。
自分で作るとヘナヘナになってしまい、それでもまぁ旨いかと思いながら食べるのですが、こちらのは良い歯ごたえがあり、山菜本来の良さが楽しめました。
このように必要な歯ごたえがあるように作りたいものです。旨かったです。

春の旬である焼き竹の子もいただきました。
とん平8.JPG
うん、これも旬で旨い。竹の子の香ばしさがたまりません。

山口に行ってから間もなかったので、山口の雁木という冷酒をいただきました。
とん平9.JPG

高槻の富田の冷酒を連れがいただきました。
とん平10.JPG

益々食欲がわき、おでんを追加。
とん平11.JPG
とん平12.JPG

菊菜のおでん。珍しい。
とん平13.JPG

ダメ押しの揚げ出し豆腐。
とん平14.JPG

いろいろなお酒や焼酎が楽しめ、肴も旨く、こぢんまりとしていて、気取っていなくて、雰囲気が良く、お勧めです。




こちらのお店のツイッターのURLは下記の通り。
https://twitter.com/Everyday_Oden
nice!(8) 
共通テーマ:グルメ・料理

萩の旨いもんいろいろ(山口県萩市) [その他]

引き続き萩です。

萩で出会った旨いもんを羅列します。

「夏みかんソフトクリーム」
萩の旨いもん1.JPG
萩の夏みかん果汁入りです。
「めざまし土曜日」が取材に来ています。
萩城趾の近くのお土産屋さんでいただきました。



「村田蒲鉾店のお惣菜」
萩の旨いもん2.JPG
萩の旨いもん3.JPG
ここのはハンパなく旨かった。
試食できるようになっており、全て激ウマ。
外で販売していた天ぷらもめっちゃ旨かった。
お勧めです。

こちらのお店のURLは下記の通り。
https://www.muratakamaboko.jp/



「駅のお土産屋で買った蒲鉾」
萩の旨いもん4.JPG
「株式会社 松富」さんというところの「にぎりちくわ」、「千銀蒲鉾株式会社」さんというところの「ちくわ 千銀」。
帰りの新幹線の中でのつまみとして大活躍。
山口の蒲鉾は旨い。

「株式会社 松富」さんのURLは下記の通り。
http://www.matsudomi.jp/catalog/

「千銀蒲鉾株式会社」さんのURLは下記の通り。
http://www.sengin.co.jp/
nice!(17) 
共通テーマ:グルメ・料理

光國本店(山口県萩市) [その他]

引き続き萩です。

TVで観るたびにい「いつか食べてやる」と思っていましたが、ようやくありつけました。

開店前にお店に到着し、2組目に入りました。

「光國本店」さんです。
光國本店1.JPG

萩市は「夏蜜柑丸漬(なつみかんまるづけ)」が有名でお土産屋さんに沢山売っていますが、こちらが元祖であり、こちらのお店の商品はこちらでしか購入できないのが魅力です。
光國本店2.JPG

幕末の創業だそうで、なるほど、徳川により長州へ追いやられた毛利が長州として徳川幕府に報いる時代にできた物であることを考えると、長州(毛利)の勢いがあったことが分かります。

この夏蜜柑丸漬は、すべて手作業で、五日間かかるそうで、夏蜜柑の中身をくり抜き、羊羹を入れて砂糖に漬け込むという製法だったと記憶しています。
独特なお菓子であり、でも上品で伝統を感じさせる味わい。そして、ここでしか買えない、普段は味わえないという特別な物であるという事実が尚更美味しく感じさせます。
光國本店3.JPG
光國本店4.JPG
光國本店5.JPG
光國本店6.JPG


「萩乃薫 (はぎのかおり)」も購入しました。
これは夏みかんの皮を砂糖漬けにしたお菓子です。
光國本店7.JPG


他にも夏みかんマーマレードが売っていました。





こちらのお店のURLは下記の通り。
http://www.mitsukuni-honten.com/
nice!(7) 
共通テーマ:グルメ・料理

和食れすとらん 中村(山口の萩) [日本料理]

引き続き萩です。

ウニは北海道や岩手や三重だけではありませんでした。
山口も名産品であることを知り、お昼に食すべく、狙っていたお店へ。

「和食れすとらん 中村」さんです。
なかむら1.JPG

地産食材をいただける和食のお店です。萩の街中にあります。

連れは名物の「ウニ丼」を、
なかむら2.JPG

私はスタンダードな定食「なかむら定食」をいただきました。
なかむら3.JPG

とは言っても、半々ずつ食べたのです。

山口でウニのイメージは全くなかったのですが、その味のレベルの高さには衝撃を受けました。
贅沢品なので、よく味わっていただきました。
昆布の風味を帯びた甘さ。滅茶苦茶旨かったです。
なかむら4.JPG

「なかむら定食」も色々と味わうことができる良い定食でした。

お勧めです。





こちらのお店の所在地等は下記の通り。
【所在地】山口県萩市土原394
【電話番号】0838-22-6619



タグ:萩のウニ
nice!(16) 
共通テーマ:グルメ・料理

晦事(山口の萩) [その他]

これも春のこととなります。

ばりぞばを食べてから萩に移動し、城下町を散策。

汗ばんだ体と心を癒すには丁度良かった。

「晦事」さんです。
コトコト1.JPG

築200年以上の町家をリノベーションしたカフェで、店内では萩焼やお洒落な衣類雑貨の販売もしています。

外より少しひんやりと涼しく、レトロな情緒ある雰囲気は京都に似ていますが、「あぁ、萩にいるんだな」と実感できました。
コトコト2.JPG

夏みかんゼリーなどのスイーツはもちろん、萩カレーセットも人気のようです。
コトコト3.JPG
コトコト4.JPG


この後に行った「菊屋家住宅」ですが、大阪ともつながりがあり、貴重な資料が沢山あって、期待以上でした。それも嬉しかったです。




こちらのお店の所在地等は下記の通り。
【所在地】 山口県萩市呉服町2-32
【電話番号】 0838-26-7199
タグ:晦事
nice!(15) 
共通テーマ:グルメ・料理

ばりそば春来軒 小郡店(山口市) [麺類]

4月末のこととなります。


G.W.に意気込んで山口入りし、まずは絶対食べておかないといけない「ばりそば」を食すべく、ただし、街中の本店はおそらくダダ混みであろうから、新幹線の駅から近い小郡にあるお店を目指しました。

「ばりそば春来軒 小郡店」さんです。
ばりそば1.JPG

オープン間もなく入店できたので苦労することはありませんでしたが、次から次へと客が入ってきました。

私は「ばりそば 大」にし、連れは普通の「ばりそば」にしましたが、ほとんどの客が普通の「ばりそば」を注文していました。

(※以下、都合上、食べかけの画像で申し訳ありません。)

何しろこのボリュームですから男性でも食べきれない人はいるんじゃないかな。
ばりそば2.JPG

この食べても食べても減らない感じは夢のようです。

長崎の皿うどんとは確かに違う。

鶏ガラベースのスープが、麺まで支配し、主張し、食べきる最後まで食欲を増進させる責任を担っており、昔、自分で中華ベースの鶏ガラスープを作ったことまで思い出すような、濃厚な味でした。
ばりそば3.JPG

麺は揚げておらず、焼いているところも長崎ちゃんぽんと違うところで、「あぁ確かに」と思うばかりなのですが、いつまでも食べ続けていたいという欲求は満たしてくれます。
ばりそば4.JPG

山口グルメを一つ達成しました。





こちらのお店の所在地等は下記の通りです。
【所在地】山口県山口市小郡上郷1580-1
【電話番号】083-973-8668
nice!(13) 
共通テーマ:グルメ・料理
前の10件 | -