So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

ラーメン幸雄(鳥取県倉吉市) [麺類]

倉吉近辺の牛骨らーめんも目的の一つでした。

狙いの店を定め、お昼時を少し外して行くもやはりプチ行列ができていました。

並んでる間は自分たちの前後にいる人達の会話を聞いていましたが、鳥取のラーメン通もかなり多いみたいです。

「ラーメン幸雄」さんです。「ゆきお」ではなく、「こうが」と読むそうです。
幸雄1.JPG

店主が「ゆきお」さんなんだろうな。知らんけど。


「ふんわり餃子」と「なつ旨ラーメン」をいただきました。
幸雄2.JPG

「なつ旨ラーメン」は「昔ながらのなつかしい旨いラーメン」の略なのですね。

見た目にも値段にも懐かしさを感じます。安い!

店内には、「鳥取県産の牛骨をじっくりコトコト20時間以上かけてコクと甘みを存分に引き出し、赤碕桶谷の白しょうゆとの相性が絶妙で深く豊かな旨みがなつかしい日本のラーメンの味なのです。」と貼ってありました。
幸雄3.JPG

その通り旨かったですね。三徳山に登って投入堂を拝んだ後だからか、尚更、相当旨い。
幸雄5.JPG

普段食べない牛骨ラーメンでしたが、こんなに旨いとは。
幸雄4.JPG

チャーシューは国産豚バラだそう。

胃袋と疲れ切った体に沁みました。

有名人のサインも一角に貼ってありました。

ファミリー客が多かったように思います。地元で人気ですね。

ありつけて良かったです。





こちらのお店の所在地等は下記の通り。
【所在地】鳥取県倉吉市山根583-2
【電話番号】0858-26-7288
nice!(13) 
共通テーマ:グルメ・料理

らーめん道場 太鼓判(鳥取市) [麺類]

しゃんしゃん祭りを観た後に、小腹が空いたのでらーめんを食べました。

ガイドブックによると鳥取市民の飲んだ後の〆になっている有名店のようです。

「らーめん道場 太鼓判」さんです。
太鼓判1.JPG

混んでいたので少し待ちましたがすぐ席に座れました。店内ではなく店外です。

それにしてもこの店員さんたちの覇気の無さってなんでだろう?

二日酔いか?疲れてんのか?

って思っていたら意外に出来上がりが早かったので、淡々と仕事をこなしていただけなのかもしれません。

態度が悪かったわけでもありません。

鳥取は牛骨が基本なのですね。

そういえば島根にも牛骨らーめんのお店が多かったように思います。

私が牛骨の塩だったと記憶しています。
太鼓判2.JPG
ペロリといただきました。

連れは牛骨の味噌だったかな?
太鼓判3.JPG

鳥取が牛肉文化なのは何でだったか、何かで読んだこともある気がするのですが、朝鮮半島が近いからやはり牛肉文化が日本で一番に入ってきたという事実があるのかもしれません。

神戸でもなく、東京でもなく、京都でもなく、古事記や日本書紀の頃には鳥取が牛肉の食文化のスタート地点であったのではないかと想像してしまいます。




こちらのお店の所在地等は下記の通り。
【所在地】鳥取県鳥取市栄町662
【電話番号】0857-29-2626
タグ:太鼓判
nice!(16) 
共通テーマ:グルメ・料理

山陰海鮮 炉端かば 鳥取店(鳥取市) [居酒屋]

こちらのお店は、事前に入念に鳥取旅行の初日の夜をどこで飲もうか模索した結果予約したお店です。
なので期待が大でしたが、見事に期待に勝る食事ができました。

「山陰海鮮 炉端かば」さんです。
かば1.JPG
このトレードマークの大将?オーナー?の似顔絵が松尾伴内さんにしか見えないですが、この似顔絵のお陰で敷居が低くなっている気がします。

東京などにも支店があり、沢山支店があるのですね。チェーン店なのですね。知りませんでした。



突き出しが海藻としらすのポン酢和えでした。
かば2.JPG
夏でしたので、さっぱりとしていて、「さぁ一杯食べるぞ~」という気持ちにさせてくれました。

まずは生ビール。
かば3.JPG

食べてみたいメニューが沢山。鳥取に来たからにはらっきょうを食べないと。

スピードメニューの「砂丘らっきょう」です。
かば5.JPG

お造りは「かば桶盛」という盛り合わせを注文。2人前です。
かば6.JPG
8種盛で、この金額でなかなか贅沢をさせてもらいました。
珍しいところでは太刀魚だったかな。あまり太刀魚のお造りは見ないですね。

これは確かアゴ天だったと記憶しています。
かば7.JPG
浜田の赤天もメニューにありました。珍しい。

貝の地獄炊きです。
かば8.JPG
ムール貝まで入っていて食べ応えがありました。

ババアの唐揚げです。
かば9.JPG
ババアはタナカゲンゲという魚なのですね。これも普段は見ないなぁ。
ナスDが、「オジサンはいるけどオバサンっていう魚はいないよね」っていうようなことを言っていましたが、ババアだったらいるのです。
確かに食べるとタラに似ていました。

瓶ビールを注文すると「鳥取に乾杯」という名のKIRIN一番搾りが出てきたのも観光気分がUPしましたね。
かば10.JPG

テーブルの脇に置いてある調味料が地の物なのもこだわりが見えてgoodです。
かば4.JPG

お店の雰囲気も良く、店員さんも元気があり、良いお店でした。

お店を出て、ほろ酔いで「鳥取しゃんしゃん祭」を見たのも乙でした。







こちらのお店のURLは下記の通り。
http://www.robata-kaba.jp/
タグ:炉端かば
nice!(15) 
共通テーマ:グルメ・料理

味覚のお宿 山田屋(鳥取市) [日本料理]

HTBの「おにぎりあたためますか」で紹介されたお店です。

お宿の食堂でいただく「元祖いか丼」が目当てです。

食堂の席を事前に予約をしようとしたら、席だけの予約はしていないので普通に来店してくれと言われ、急いでお店に向かいました。

「味覚のお宿 山田屋」さんです。
山田屋1.JPG

鳥取市の賀露という漁港の近くにあります。

この「元祖いか丼」というのは登録商標だそうで、こちらでしかいただくことができない逸品となっています。
山田屋3.JPG

他にも海鮮丼や天丼もあります。夏季限定の岩牡蠣烏賊天丼も旨そうでした。

特徴としては、白いかの刺身がのっかっているだけではなく、白いかの下足とウル(内蔵)の秘伝のタレでの照り焼きがご飯の下に隠れているということでしょう。
山田屋5.JPG

広島や島根の「うずめめし」や「うずみ」と何となく似ていますね。

白いかの塩辛などもついてきました。
山田屋2.JPG

白いかだけでも贅沢で、やはり現地でその地でしか食べることができない料理をいただくのは凄く贅沢なことだと実感しました。
山田屋4.JPG




こちらのお宿のURLは下記の通り。
http://www.kaninosato.com/
タグ:元祖いか丼
nice!(11) 
共通テーマ:グルメ・料理

すーぷかりー ひげ男爵(札幌) [その他]

札幌ラストです。

いくら夏場でも涼しい札幌で、時間制限に追われて3㎞ほど走って仕事をこなした後に食べる物ではありませんが、最終日なのでやむを得ませんでした。

「すーぷかりー ひげ男爵」さんです。
ひげ男爵1.JPG

お昼ご飯をいただきました。

場所的にも時間的にもこちらを目指すのがベストだと決め込んで(実際目的のお店の一つでした。)、駆け込みました。

案の定、私の入店後来るわ来るわ。即満席でした。

日替わりランチのキーマベジタブルを注文。ランチはドリンク付なのでラッシーをいただきました。
ひげ男爵2.JPG

待てど暮らせど来ない。そういえば、「本場の札幌でスープカレー屋に入ったら、注文してから長いよ。」と聞かされていたのを思い出汁ました。

次は次で13時に事務所に戻らないといけない。

待ち時間に、置いてあった雑誌を見るとこちらのお店が掲載されており、大食いのアンジェラ佐藤さんが取材に来ていました。

焦る気持ちが邪魔をしましたが、スープカリーは美味しくいただきました。
ひげ男爵3.JPG

盛り付けも美しい。自分で作った時とは段違い。
ひげ男爵4.JPG

本場で食べるスープカレーはこんなに旨いのかと、堪能したくも先程走っていることもあり汗ダクダク。カレー効果によりさらに倍。

私一人だけが汗かきかきスープカレーを食べていました。
ひげ男爵5.JPG





こちらのお店の所在地等は下記の通り。
【所在地】北海道札幌市中央区北一条東2-5-12 ビーンズコート 1F
【電話番号】011-210-0144
nice!(13) 
共通テーマ:グルメ・料理

札幌すみれ すすきの店(札幌) [麺類]

ありきたりだと言われそうですが、初めてでした。

これまで入りたくても長い行列ができており、断念していました。

入ろうとする時間が、飲んでいる人達の〆の時間と重なったから生姜ないのですが…。

「札幌すみれ すすきの店」さんです。
すみれ1.JPG

本店にも行ってみたい。

念願のすみれのラーメン。勿論みそにしました。
すみれ2.JPG

店内の壁は有名人のサインで一杯でした。

味が濃くて、なかなか脂ギッシュで、食べ応えがありました。
すみれ3.JPG

寒い寒い札幌という地で過ごすためのラーメンですね(食べたのは夏場です。)。

食べていて次郎系を思い出しました(そんなに次郎系にも詳しくはないのですが。)。

初すみれ、感動です。次は違う味を食べてみたい。
すみれ4.JPG





こちらのお店のURLは下記の通り。
http://www.sumireya.com/
タグ:札幌すみれ
nice!(11) 
共通テーマ:グルメ・料理

豚丼まむろ(札幌) [その他]

こちらもHTBの番組「おにぎりあたためますか」で紹介されたお店です。

これまで北海道に来て豚丼だけは食べ損ねていたので初豚丼です。

ススキノから少し頑張れば歩いて行くことができます。

もともとススキノの街中にあったのですね。火事があって今の場所に移転したようです。

「豚丼まむろ」さんです。
まむろ1.JPG

豚丼が有名なのは帯広ですが、こちらは札幌での豚丼の老舗ということですね。

「おにぎりあたためますか」ではユーモアのあるキャラの店主さんが印象的でした。

メニューは、豚丼、上豚丼、特豚丼(1.5倍)、なめこおろし、豚丼の具皿、ほうれんそう、漬け物、なめこ椀…。
「シンプルなメニューの店に外れなし」ってやつです。

豚丼をいただきました。
まむろ2.JPG

豚の暑さが丁度良いのと、秘伝のタレで人気を保ってきたんですね。
まむろ3.JPG

常連さんらしき人を見ていると注文の仕方が違っていました。ビールにほうれんそうに上豚丼でした。

このお店には絶対来たかったので、達成感大です。





【所在地】北海道札幌市中央区南7条西6
【電話番号】011-511-6256
タグ:豚丼まむろ
nice!(12) 
共通テーマ:グルメ・料理

みよしの狸小路店(札幌) [その他]

札幌で吉野家みたいなチェーン店だと知りました。
確かにHTBの「おにぎりあたためますか」でも紹介されていました。

別の店舗になりますが、「みよしの狸小路店」さんで持ち帰りをしました。
みよしの1.JPG

創業昭和42年、餃子とカレーの「みよしの」さん。

これも地元の人から「一度くらいは食べておけ」ということでしたので、一番お勧めのセットにしました。
カレーと餃子が別々になっている「みよしの弁当」です。

これが店内でいただくと「みよしのセット」になるわけですね。

店内は狭かったですが、お客さんでビッシリ。まぁだから持ち帰りにしたのですが。

人気ですね。

なんといってもこのロープライスが魅力的で、餃子は味が濃いめで癖になる感じで、どこか懐かしさがあると感じました。
みよしの2.JPG

カレーとの相性もよく、何故かカレーも懐かしさを感じます。

足らないかなと思いましたが、満足感が結構あります。

道産子の昭和の象徴といいますか、昭和を感じることができました。




こちらのお店のURLは下記の通り。
miyoshino-sapporo.jp/
タグ:みよしの
nice!(10) 
共通テーマ:グルメ・料理

町のすし家 四季 花まる 時計台店(札幌) [日本料理]

時計台の近くのビルの1Fにあり、先日(2017年11月)、日本テレビの「火曜サプライズ」というTV番組で大泉洋さんと松田龍平さんが「探偵はBarにいる3」の告知を兼ねて、大泉洋さんがお勧めするお店として食べに来ていたお店です。
私は2回ランチをいただきましたが、それよりも前のことだったので、自分の知っている店がTVで紹介されると大興奮でした。

「町のすし家 四季 花まる 時計台店」さんです。
花まる4.JPG

確かに毎日行列ができているので、少し時間をずらして行かないとありつけませんでした。
人気のお店です。
もともと根室のお店なのですね。
何店舗かあるのですね。


1回目は、ランチメニューの「その日まかせのまんぷく丼」をいただきました。
花まる1.JPG

マグロ丼とサーモン・イクラ丼とサンマ丼でしたが、この値段でこれだけいただけるのもリーズナブルで、魚介王国北海道の魚なので新鮮さにも期待ができます。
花まる2.JPG

あら汁は味噌仕立ではなかったので珍しいと思いました。醤油のおすましといったところですか。
花まる3.JPG

2回目はどうしても旬のウニを食べておきたかったので、単品で季節の5カンと一緒にウニだけ単品で注文しました。
花まる5.JPG

5カンの種類について何も説明がなく、忙しそうで問う隙間もなかったので残念でしたが、味は絶品でした。

肝心のウニはミルキーでクリーミーで、昆布の風味がほんのりとして、普段食べるウニとはやはり明らかに違うウニでした。
花まる6.JPG

ウニでも種類や、処理の仕方や、鮮度によって味が変わるのだと思いますが、脱帽でした。

流石は北海道。何か違う。





こちらのお店のURLは下記の通り。
http://www.sushi-hanamaru.com/
タグ:花まる
nice!(10) 
共通テーマ:グルメ・料理

175°DENO担々麺 本店(札幌) [麺類]

こちらもHTBの「おにぎりあたためますか」で紹介されたお店です。

札幌駅前にも店舗ができたようで、地元の人からも「あそこは週末に行列ができているのを見たことがありますよ。」と聞いていました。

晩ご飯をいただきました。

「175°DENO担々麺 本店」さんです。
175°1.JPG

担々麺がくるまで瓶ビールで口の中を潤します。
175°2.JPG

一番の特徴としては、こちらのオーナーさんが四川省の山奥で直接買い付ける香辛料を使用した自家製のラー油を使用していることでしょう。
175°3.JPG

日本未入荷で初の『四川花椒』だそうです。

汁なし担々麺なのでまぜそばのように混ぜていただきます。
175°4.JPG

唐辛子の辛さではなく、この香辛料というのは本場の山椒だそうで、確かに食べると舌がピリピリしてきますが、体に良さそう。

カシューナッツも相性がいいですね。

平麺はこのまま永遠にずっと食べていたい。

私は初夏とかに山椒が売っているのを見つけると、購入して下ごしらえのあと冷凍して料理に使ったりしますが、それに比べてもこの四川山椒の辛さはピリリ感が10倍くらい高いような気がします。
175°5.JPG

自分でラー油をかけることができるように置いてありました。
175°6.JPG




こちらのお店のURLは下記の通り。
https://www.175.co.jp/
nice!(12) 
共通テーマ:グルメ・料理