So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

びわこ緑水亭(滋賀の雄琴温泉) [お宿]

連れの今年の誕生日のお祝いに泊まりました。
冬のこととなります。

滋賀で鴨料理が食べたいとのリクエストに応えるべく、ただやはり長浜や米原まで行かないと鴨料理にはありつけないのですが、そこまで遠くには行けず、大津で本格的な鴨料理がいただけるということをネットで見つけ、僅かに残っていた部屋を予約しました。

「びわこ緑水亭」さんです。
緑水亭1.JPG

宿泊して分かったことですが、あの「ちはやふる」にも登場するお宿なのです。

部屋にも、温泉にも、温泉から出た後の設備や庭も綺麗で雰囲気が良く、それだけでも大変満足なのですが、鴨料理にも驚きました。
緑水亭2.JPG

他の宿泊者で鴨料理のコースを食べている様子はなく、その日は我々だけだったように思います。



まず食前酒。
緑水亭4.JPG

ビールも勿論注文。
緑水亭5.JPG

そして前菜です。
緑水亭3.JPG

まぁお見事。本もろこ等、琵琶湖の特産を使いながら贅沢に仕上げてある感じです。


お造りですね。
緑水亭6.JPG

琵琶鱒と車海老だったか手長海老だったか。
器に載っている竹の簾のかまくらみたいなんがなんか珍しいです。
緑水亭7.JPG

いよいよ鴨です。

お店の女性(若女将かな?すっごいしっかりしてて大変お世話になりました。明るく、動きもトークも礼儀もおもてなしも素晴らしかったです。以下勝手に「仮想スーパー若女将」と書きます。本当に若女将かもしれません。)が陶板で鴨ロースを焼いてくださいました。
緑水亭8.JPG

天然というか野生の国産の鴨だそうで、貴重です。
緑水亭9.JPG

予想に反して滅茶苦茶やわらかかったです。

白ネギも一緒に焼いていただくとまさに「鴨が葱しょってやってきた」ってやつです。
緑水亭11.JPG

妻も大喜び。
緑水亭13.JPG

大根おろし、レモン汁をかけていただきます。
緑水亭10.JPG
緑水亭14.JPG

調子にのって滋賀の地酒をいただきました。
緑水亭12.JPG

まさかこの後鴨鍋とは思いませんでした。

ロースもあればもも肉、レバー、心臓、そして「つくね」にはネックが骨ごと砕かれて入っているとのこと。
緑水亭15.JPG

火を通したい「つくね」を仮想スーパー若女将が鍋に投入、その後野菜や豆腐を入れ、煮ている間にロースをしゃぶしゃぶします。
緑水亭16.JPG
緑水亭17.JPG
緑水亭18.JPG

「つくね」が一番印象に残りました。というのもネックの軟骨の食感が普通の軟骨よりもしっかりとした堅さがあるからです。
連れはウマいウマいと食べていましたが、私は少し苦手かもしれません。
連れの知り合いの鳥取出身の鴨を食べ慣れている人はこの砕かれている骨がコリコリで癖になると言っていたそうで、私もそんなツウな舌に早くなりたいものだと思いますが、やっぱり私はお子様舌だからか、ロースが好きですね。
緑水亭19.JPG

内臓も臭みが少なくて食べやすかったです。

もう1本滋賀の地酒を空けることになりました。
緑水亭20.JPG

お腹パンパンで雑炊をお断りしたことは今思うと後悔しますが正直パンパンでした。

食べきれなかったデザートを後で部屋まで仮想スーパー若女将が持ってきてくれたことに感動。
寝てしまっていたので、起きてから美味しくいただきました。
緑水亭21.JPG


朝ご飯は朝ご飯で感動でした。

ビュッフェでしたが、琵琶湖の名産(赤こんにゃくとか、エビ豆とか。)をいろいろいただけるのは勿論なのですが、金目鯛などの干物を自由にテーブルのコンロで焼いていただくというのは初めてでしたね。
緑水亭22.JPG

取り過ぎてみっともないので一部しか朝食の画像は載せませんが、豪華な朝食でした。

連れの誕生日プレゼントまでいただき、大変感謝しております。

雄琴温泉、レベル高いなぁ。

このお宿から見た日の出です。
緑水亭23.JPG





こちらのお宿のURLは。下記の通りです
ryokusuitei.com/
nice!(12) 
共通テーマ:グルメ・料理

こんぴら温泉湯元八千代(香川の金比羅さんの近く) [お宿]

こちらはなんといっても大阪の毎日放送の「ロケみつ」で、桜の稲垣早希ちゃんがブログ旅の中でお金がないのに奇跡的に無償で泊めてもらったという伝説のお宿です。

女将さんの一言で早希ちゃんが助かった訳ですが、世の中にこんな優しい慈悲深い人がいるのかと思うと心洗われます。

「こんぴら温泉湯元八千代」さんです。
八千代1.JPG

私はビジネスで一人でしたので、食事なしの素泊まりをさせていただきました。

本当は食事もいただきたかったのですが一人なので仕方ないですね。

リニューアルされているのか、ロビーはモダンでありながら日本的で、落ち着いた雰囲気でした。
八千代2.JPG

お部屋も随時リニューアルされていることが窺え、綺麗なお部屋でした。
八千代3.JPG

トイレも新しい感じがしてすごく綺麗で快適でした。

そして温泉。癒やされました。露天もあります。

享保10年(1725年)より『志らがや』として創業し、現在15代続く老舗旅館だそう。

1725年は徳川吉宗の時代です。凄い。





こちらのお宿のURLは下記の通り。
https://www.yachiyo.cc/
nice!(8) 
共通テーマ:旅行

源泉かけ流しの宿 千代の湯(島根県の玉造温泉) [お宿]

こちらは玉造温泉の老舗の中の老舗、純粋な玉造温泉とでも言いましょうか、代々受け継がれる玉造温泉の伝統を背負うお宿だと私は思います。
まぁ、実際に人気のお宿ですので改めて私が強調するまでもないですが。

玉造温泉自体が日本を代表する温泉であるとともに、その中でも存在感大です。

「源泉かけ流しの宿 千代の湯」さんです。
千代の湯1.JPG

部分的にリニューアルされたようで、そのリニューアルされたお部屋に宿泊させていただきました。
めっちゃお洒落です。予想以上でした。
明治・大正を感じさせる雰囲気の中にモダンさがあり、何故か泊まるのが勿体ないぐらいの清潔感や自分を律しないといけなくなるような空気感というか、でも所々に活けてあるお花に心打たれて癒され、まあそういうお宿です。

お食事もグレードの高いコースをいただきましたので、全てがすべてこういう内容ではないと思いますが、羅列させていただきます。

前菜
千代の湯2.JPG
普段でしたらこれだけでビール何杯もいけます。

シーフードと野菜のジュレサラダ
千代の湯3.JPG
食材も贅沢、食材の味が際立つ逸品。

お造り
千代の湯6.JPG
この分厚さは何?


千代の湯4.JPG
春でしたが蟹を堪能。

スズキの和紙で包んで焼いたもの(名称は忘れました、すみません。)
千代の湯5.JPG
千代の湯12.JPG
何故かご飯が欲しくなるお味。珍しい。

アワビのおどり焼き
千代の湯7.JPG
千代の湯10.JPG
千代の湯11.JPG
贅沢の極限。今年初鮑。

島根和牛の陶板焼き
千代の湯9.JPG
千代の湯13.JPG
すげー柔らかいうえにジューシーで、満腹でしたが食べれました。


千代の湯8.JPG
満腹で口に運ぶことができませんでした。悔しかったです。

あまりの豪華さにギブアップして部屋に戻りましたが、美味しさと非現実性と満腹感は半端ないです。
日本の原点である島根であり、神話の国、魚介も豊富で野菜も肉も美味しい。
ご飯もデザートも断りましたので画像はありません。



朝食も種類豊富で豪華でしたね。

朝から贅沢に美味しくいただきました。


是非自分に関わる人皆に味わってほしいなぁ。

晩も朝もお庭が素敵でした。

勿論温泉は最高。

いいなぁ島根。





こちらのお宿のURLは下記の通り。
https://www.chiyonoyu.com/
nice!(17) 
共通テーマ:グルメ・料理

岡山桃太郎温泉(岡山市) [お宿]

すみません、これも昨年のこととなります。

最近、大衆演劇の劇場が新しくオープンしているのをちょくちょく見かけます。

高齢化もあり、人気があるのでしょう。
実際、何度か見たことがありますが、若い人でも気軽に楽しめるエンターテーメントで、笑いあり、ダンスあり、カリスマ性あり、等々で現実逃避が簡単にできるところが私も好きです。

その大衆演劇を定期的に催しているお宿は各地に見かけますが、岡山ではこちらが先駆けではないでしょうか。

「岡山桃太郎温泉」さんです。

外観写真を撮り忘れました…。

まず温泉が素晴らしい。
24時間源泉かけ流しで、過熱も冷却もせず、使いまわしをしていない温泉です。
温泉施設の中でも珍しいと思います。
硫黄の匂いも奈良の十津川温泉などを思い出すような、濃い匂いがしていました。


そして何といっても、お楽しみなのは大衆演劇を観覧しながらの食事です。

これが豪華で旨い。しかもリーズナブル。

暗い中で撮影したので綺麗には映っていませんが、流石岡山だけあって、瀬戸内の食材が豊富です。

画像を羅列します。
岡山桃太郎温泉2.JPG
岡山桃太郎温泉3.JPG
岡山桃太郎温泉5.JPG
岡山桃太郎温泉6.JPG
岡山桃太郎温泉7.JPG
岡山桃太郎温泉8.JPG
岡山桃太郎温泉9.JPG
岡山桃太郎温泉10.JPG

お腹パンパンです。贅沢な気分になれます。

日帰りなどいろいろとプランはあるようです。



この時は「劇団錦」という劇団の公演でした。
確か座長がこの日はお休みで「若」と呼ばれる人がメインだったと思います。
おそらくカムイ龍虎さんという俳優さんですね。
ファンから送られる花の煌びやかさ、芸人のような笑いの取り方、豪華な衣装、踊り、ダンス…、現実逃避できました。


お部屋ももちろん快適でした。

人気があるのが分かります。






こちらのお宿のURLは下記の通り。
http://momotaro-hotel.co.jp/

「劇団錦」さんのURLは下記の通り。
http://www.nishiki-gekidan.com/
nice!(13)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

うるしの宿やしき(石川県輪島市) [お宿]

今更ながら、NHKの朝の連続ドラマ「まれ」が好きだったので、昨年の夏に石川旅行をしました。

その際に輪島塗の本拠地に宿泊しましたが、輪島塗の漆器に特化した良いお宿でした。

「うるしの宿やしき」さんです。
やしき1.JPG

歴史があることはすぐに分かりましたが、いろいろと手を加えられているので、こまめにメンテナンスや工夫がされていました。

心地良く過ごせて、非日常を味わうことができ、本物の輪島漆器を堪能でき、料理も凝りっ凝りでした。
やしき2.JPG

献立表は、料理だけでなく、使っている器が何であるか、料理の説明も書かれており、愉しませていただきました。


・食前酒「わたふじ酒(マツブサの実の果実酒)」
やしき3.JPG

・前菜「蛸の塩辛」

・珍味「能登牡蛎味噌」
やしき4.JPG

・先付け「蛸酢(いしる風味)」
やしき5.JPG

・造り「市の魚三種」
やしき6.JPG

・椀もの「石臼寄豆腐」
やしき7.JPG

・煮物「地魚の煮物」
やしき8.JPG

・季節料理「米ナスのジャム味噌」
やしき9.JPG

・おしのぎ「手打ち蕎麦」
やしき10.JPG
蕎麦まで打つなんて!!

・汁物「焼石のカニ鍋」
やしき11.JPG
これも珍しい食べ方だったなぁ。

・サービスで出していただいたカニ
やしき16.JPG

・御飯「炊き込御飯」
・香の物「輪島の漬け物」
やしき12.JPG

・水菓子「風流巻ケーキセット」
やしき13.JPG
これも凝ってたなぁ、原料がまず凝っている。


翌日の朝ごはんはこんな感じです。
やしき14.JPG





おもてなしのためにかける手間暇、気持ち、努力がヒシヒシと伝わってくる良いお宿です。

泊ってみないと分からないもんですね。






こちらのお宿のURLは下記の通り。
http://www.urushinoyado.jp/
タグ:輪島市
nice!(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

福屋旅館(島根の奥出雲) [お宿]

出雲も好きな土地ですが、奥出雲も好きです。

野菜が良い、蕎麦も旨い、綺麗な水で育った舞茸も有名、と食べ物が美味しいだけでなく、空気も水も綺麗な本当に素朴な日本の町です。

日本海からもそんなに遠くないので、魚介類も流通しやすいようです。

その奥出雲の「福屋旅館」さんの食事は紹介せずにはいられません。

料理の味と技に驚愕です。凝ってます。

(すみません、食事をいただいたのは2015年の晩夏です。)
福屋旅館1.JPG
福屋旅館3.JPG
福屋旅館4.JPG
海老がはさんであるんですね。
福屋旅館10.JPG
福屋旅館5.JPG
福屋旅館6.JPG
福屋旅館8.JPG
福屋旅館9.JPG
福屋旅館11.JPG

手間暇かけてあることがよく分かります。

やはりそれに比例してかなりの旨さです。

器や盛り付け、おもてなしの心遣いもレベルが高いと思います。

食材の素材そのものの美味しさを引き出す、味への探求心というものが計りしれません。

奥出雲にも隠れ料理の鉄人がいます。





奥出雲観光文化協会公式サイト「奥出雲ごこち」の中のこちらのお宿の紹介ページは下記の通り。
https://www.okuizumogokochi.jp/2891
nice!(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

料理旅館 枕川楼(京都の美山) [お宿]

引き続き美山です。

前記事もそうですが、真夏のことです。これから冬なのにすみません。

美山を代表するお宿です。

お風呂も料理も満足でした。

「料理旅館 枕川楼(ちんせんろう)」さんです。
枕川楼1.JPG

お風呂は人工温泉で、露天風呂も内風呂も雰囲気良く、心地良く、予想以上の満足を得ることができました。

明るいうちに美山の自然の風景を見ながらの湯は良かったなぁ。

露天風呂の中に敷いてある石が足裏にすごく気持ちが良かったのが印象に残ります。



そしてそして、流石は料理旅館。

美山といっても京都。

見た目も味も絶品でした。

瓶ビールで乾杯。
枕川楼2.JPG

食前酒です。
枕川楼3.JPG


前菜から綺麗でした。
枕川楼4.JPG
一番右手前が「こごみの胡麻和え」。
ガラスの器には「うどの梅和え」。
一番左が「ごり」。琵琶湖の名産でもありますね。美山の水がきれいな証拠です。
それと「牛ステーキ」。
左奥が「わさび菜」。
青紅葉と松葉に串刺しされた枝豆がさりげない。


お造りがやはり一味違います。
枕川楼5.JPG
美山らしく鯉の洗いです。
普段食べないもので、しかも美味でした。
湯葉が添えてあります。


これは煮物にあたるのでしょうか。
枕川楼6.JPG
いたどり、焼き茄子、鮎の甘露煮、ふきのとう味噌の胡麻豆腐です。
郷土料理のオンパレードで非日常性が表現されています。
いたどりは今年自分でも焚いたので、下ごしらえの苦労などが分かります。


調子に乗って地酒をいろいろ。
枕川楼8.JPG
枕川楼9.JPG
美山の大石酒造さんのだったと記憶しています。「てんごり」とか、「翁鶴」とかです。
美味しかったので大石酒造さんでお土産に購入しました。


地鶏の鍋。
枕川楼11.JPG


茶碗蒸し。
枕川楼7.JPG


旬で名物「鮎の塩焼き」。
枕川楼10.JPG
予測を超える旨さ。


よもぎそば。
枕川楼12.JPG
山菜も旨かった。


地の野菜の天ぷら。
枕川楼13.JPG
ミョウガも天ぷらにすると味わいがかわりますね。


ご飯と汁物、香の物。
枕川楼14.JPG


デザートのスイカと「ほうじ茶プリンミント添え」。
枕川楼15.JPG


その土地の旬な産物を生かした素晴らしい料理の数々でした。

朝ご飯も大変美味しくいただきました。

美山良いとこ一度はおいで。






こちらのお宿のURLは下記の通り。
http://www.chinsen-miyama.jp/
タグ:美山 枕川楼
nice!(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

ログコテージひまわり(北海道の富良野) [お宿]

(すみません、前ブログ記事もそうですが、今年のG.W.のこととなります。)

私自身、こういうログハウスのような施設に宿泊するのが初めてでしたので大変興奮しました。
子供の頃はログハウスに憧れがあり、感情がその頃の自分に戻った気がしてなりませんでした。
TVがなく、窓から見える景色も最高で、勿論周りは富良野独特の素晴らしい広大な風景が広がります。
ひまわり13.JPG

「ログコテージひまわり」さんです。
ひまわり14.JPG
(これはレストランの一角の画像です。)


建物には温かみがあり、2階への階段は急ですが楽しく、寝室も屋根裏っぽくて狭さがたまらなく心地良いのです。


食事も大変おいしくいただきました。
別棟の食堂でいただきました。



晩ご飯です。
ひまわり1.JPG
ひまわり2.JPG
ひまわり3.JPG
チキンのソテーは勿論のこと、一品一品に北海道の食材の良さが顕れているように思います。
本当に野菜が甘い!
味もボリュームも雰囲気も大満足です。
ひまわり4.JPG
ひまわり5.JPG
デザートの器もかわいすぎる。
ひまわり6.JPG
シュガーポットまでもがかわいい。
ひまわり7.JPG



朝ご飯です。
ひまわり8.JPG
ひまわり9.JPG
ひまわり10.JPG
ひまわり11.JPG
ひまわり12.JPG
シンプルながらも新鮮さが溢れます。
ミルクとヨーグルトの味が濃厚!
こんな濃厚なのは生まれて初めてです。
ヨーグルトは自家製だそうで、納得です。
こんなヨーグルトがもし市販されたら即購入です。
パンも旨かったです。


流石は北海道、流石は富良野。
北海道に憧れる人が沢山いるのがよく分かりました。
こんなコテージを営むことにも憧れてしまいます。





こちらのお宿のURLは下記の通り。
http://www.cottage-himawari.sakura.ne.jp/
nice!(9)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

旅館 古城(兵庫県養父市) [お宿]

このお盆休みに、土砂降りの中で竹田城にのぼり、全身ずぶ濡れになって、筋肉痛も重なり、かなりの疲労が肉体を襲いました。
その疲労はこちらの湯と料理で癒やされることになります。

「旅館 古城」さんです。
古城1.JPG
竹田城がある朝来市から車で便利な場所にあります。


乾杯のビールの後の前菜。
古城2.JPG
しめ鯖の酢が体に浸みわたるようです。しめ鯖の下には貝(トリ貝?)の酢の物が隠れていました。
ハモか穴子かわかりませんでしたが、小さな押し寿司もあり、なかなかボリューミーです。

お造りです。
古城3.JPG
養父は以外に日本海に近く、日本海から海の幸が入りやすいようです。
ハモの横に一切れだけあるのが何の魚でどこの部位なのか分かりませんでしたが、油ノリノリでした。

冷製の焚き物です。
古城4.JPG
良く味がしみています。
冬瓜が夏らしい。

そして焼き物。
古城5.JPG
よく汗をかいたからか、個人的にはこの焼き物がたまらなく旨かったです。
鮎とカマスです。
鮎は大きさも頭からかぶりつくのに丁度良く、カマスは良い焼き加減と香ばしい良い味でした。
かつての江戸っ子がカマスが大好きなのがよく分かります。

蟹です。
古城6.JPG
もともと蟹料理を得意とするお宿のようですが、シーズンではないので冷凍なのかな? でも久々の蟹は旨かったです。
古城7.JPG

ここで地酒をいただきました。
古城8.JPG

但馬牛のすき焼きです。
古城9.JPG
古城10.JPG
柔らかさがハンパないです。
ここらへんの、兵庫県の北部の代表的な旨いものの一つです。
古城11.JPG

鯛と豆腐の椀物です。
古城12.JPG
料理旅館らしい一品で、出汁がよくきいていました。
かなり満腹中枢が働いていましたがなんとかたいらげました。

飯と汁です。
古城13.JPG
汁が赤出しだったので、こういう場面では珍しく、酔った口に程良く合います。

お腹はパンパンです。


朝食も美味しくいただきました。


この養父市は6月くらいであれば蛍が有名なところで、冬はスキー場が賑わうところのようです。





こちらのお店のURLは下記の通り。
http://www5.nkansai.ne.jp/hotel/kojyo/kojyo.html
nice!(11)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

国民宿舎しらら(和歌山の白浜) [お宿]

先月のG.W.に白浜旅行を急遽決行し(急遽といってもそれなりに事前予約はしていましたが。)、なかなか贅沢な気分を味わうことができました。
流石はG.W.ですね。満室状態でした。

以前このブログで紹介したのですが、料理を載せていなかったのでずっと心残りでした。


しらら浜のど真ん中「国民宿舎しらら」さんです。
しらら1.JPG

こちらのお宿の以前の紹介ページはコチラ→http://doudesyousimasu.blog.so-net.ne.jp/2009-06-16


まず、何といっても部屋の窓からのこの景色! 日の入り、日の出が映えます。
素晴らしい!の一言です。
しらら2.JPG

そして、温泉はもちろんありますが、すぐ隣に公共の「白良湯」という温泉施設があり、温泉が倍楽しめます。
ただしこの「白良湯」は石鹸やシャンプーはありませんので注意が必要です。



楽しみにしていた料理です。

前菜と酢の物(小鉢)と香の物
しらら3.JPG
酢の物が温泉上がりの体に浸みます。


サラダ
しらら4.JPG
国民宿舎っぽく家庭的です。


お造り(舟盛)
しらら6.JPG
これは凄い!
もちろん2人分ですが、この種類と量。
先端には贅沢にアワビ。コリっコリでたまらく美味しかったなぁ。
他にも伊勢海老やマグロ等々白浜ならではな新鮮な刺身に満足です。
しらら14.JPG


揚げ物
しらら7.JPG
これは食べてみてビックリ。
創作な揚げ物になっていて、かなり美味しいのですが、どのように作っているかが想像つきません。
一つはコロッケ風。もう一つは根菜系の野菜のまんじゅうっぽいのですが、何かは分かりませんでした。


熊野牛の陶板焼
しらら9.JPG
これも滅茶苦茶美味かった。
やわらかさ、旨さがハンパありません。
これで白ご飯をかきこむと幸せになります。


海鮮と豚肉と野菜の紙鍋
しらら5.JPG
しらら8.JPG
沢山食べたので胃袋に入らないかと思いましたが、旨かったので何とか入りました。


茶碗蒸し
しらら10.JPG


白ご飯
しらら11.JPG


お吸い物
しらら12.JPG


デザート
しらら13.JPG



朝ご飯も温泉旅館らしい食事がいただけます。



昭和の老舗の雰囲気と、あたたかい人情あるおもてなしと、良い景色と、良い料理に出逢うことができます。






こちらのお宿のURLは下記の通り。
http://www.shirara.com/
nice!(13)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理