So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

おでん酒屋 とん平(大阪府高槻市) [居酒屋]

今年初めて「高槻JAZZフェスティバル」に行ったのですが、もの凄い数のアーティストと演奏に大興奮(今年のG.W.のことです。)。

20回目ということもあり、今年は特に力が入っていたそう。

穐山敏子さんとかは、とてもじゃなくハンパない長蛇の列ができていたのであきらめて、飲みに行きました。

阪急京都線の高槻駅にほど近い所にあります。

「おでん酒屋 とん平」さんです。
とん平1.JPG
駅周辺の中でも老舗になると思います。

老舗のおでん屋さんらしく、とても良い雰囲気です。



まずは生ビールで。
とん平2.JPG

辛子と、おでんつゆと、串入れが最初に出されました。
とん平3.JPG
とん平4.JPG

おつまみセットです。

いぶりがっこと海鮮の和え物でした。この段階でめっちゃ旨かった。
とん平6.JPG

おでんを5種類いただきました。
とん平5.JPG

流石老舗の味。出汁は見た目が醤油の色が少し強いように思いましたが、良いお味でした。
出汁がよくしゅんでいました。

この時期(春)ならではのワラビのお浸しもいただきました。
とん平7.JPG
今年も自分で何度か炊いたので興味津々でしたが、自分で作ったのとは雲泥の差。
自分で作るとヘナヘナになってしまい、それでもまぁ旨いかと思いながら食べるのですが、こちらのは良い歯ごたえがあり、山菜本来の良さが楽しめました。
このように必要な歯ごたえがあるように作りたいものです。旨かったです。

春の旬である焼き竹の子もいただきました。
とん平8.JPG
うん、これも旬で旨い。竹の子の香ばしさがたまりません。

山口に行ってから間もなかったので、山口の雁木という冷酒をいただきました。
とん平9.JPG

高槻の富田の冷酒を連れがいただきました。
とん平10.JPG

益々食欲がわき、おでんを追加。
とん平11.JPG
とん平12.JPG

菊菜のおでん。珍しい。
とん平13.JPG

ダメ押しの揚げ出し豆腐。
とん平14.JPG

いろいろなお酒や焼酎が楽しめ、肴も旨く、こぢんまりとしていて、気取っていなくて、雰囲気が良く、お勧めです。




こちらのお店のツイッターのURLは下記の通り。
https://twitter.com/Everyday_Oden
nice!(8) 

美奈登(香川の金毘羅宮の近く) [居酒屋]

前記事の八千代さんから歩いてすぐのところにあり、たまたま見つけて入ってみました。

夏場でしたが、心地よくエアコンが効いており、快適でした。

「美奈登」さんです。
美奈登1.JPG

まずはビール。
美奈登2.JPG

お通しは烏賊を炊いた物でしたが、これがいきなり美味しかったので期待が膨らみました。
美奈登3.JPG

無難に冷や奴をいただきました。
美奈登4.JPG
何かいつも口に入れているものと違う、繊細な感じの削り節が使ってあって、オーナーさんはひょっとして大きな旅館の元板長さんではないのか、只者じゃないなとふと思いました。

あまり裕福ではないので吟味に吟味を重ねて、いつもより少し安くなっていたサンマの刺身を注文。
美奈登5.JPG
これがまた旨い。
サンマをお造りで出せる鮮度で仕入れるのも大阪ではあまりないのでそれだけでも感動ですが、そのうえめっちゃ旨かった。
盛り付けも綺麗。

折角なので骨付鶏を注文。

持ってきた小説を読みながら待ちました。
最近、一人で呑みに行く時は小説を読みながら呑むことにしています。
酔うと小説に集中しやすくなりますし、ほろ酔いで読むと気持ちいいのです。

香川の地酒「国重」をいただきながら骨付鶏を堪能しました。
美奈登6.JPG

鋏で切りながらいただきます。
美奈登7.JPG



他にも珍しいメニューがいくつかあって、私の財力では楽しむことはできませんでしたが(そんなに高い訳ではありません。私が裕福ではないだけです。)、例えば、
  ・三豊なす田楽
  ・いちぢく天
  ・和牛ザブトン
  ・徳島県産足赤えびの刺身
  ・高知県産マンボウの刺身
等々、魅力的でした。

お店の人と話を一切しなかったので、味しか分かりませんでしたが、良いお店だと思います。





こちらのお店のfacebookのページは下記の通り。
https://www.facebook.com/四国こんぴら美奈登-739711889460585/
タグ:美奈登
nice!(16) 

山陰海鮮 炉端かば 鳥取店(鳥取市) [居酒屋]

こちらのお店は、事前に入念に鳥取旅行の初日の夜をどこで飲もうか模索した結果予約したお店です。
なので期待が大でしたが、見事に期待に勝る食事ができました。

「山陰海鮮 炉端かば」さんです。
かば1.JPG
このトレードマークの大将?オーナー?の似顔絵が松尾伴内さんにしか見えないですが、この似顔絵のお陰で敷居が低くなっている気がします。

東京などにも支店があり、沢山支店があるのですね。チェーン店なのですね。知りませんでした。



突き出しが海藻としらすのポン酢和えでした。
かば2.JPG
夏でしたので、さっぱりとしていて、「さぁ一杯食べるぞ~」という気持ちにさせてくれました。

まずは生ビール。
かば3.JPG

食べてみたいメニューが沢山。鳥取に来たからにはらっきょうを食べないと。

スピードメニューの「砂丘らっきょう」です。
かば5.JPG

お造りは「かば桶盛」という盛り合わせを注文。2人前です。
かば6.JPG
8種盛で、この金額でなかなか贅沢をさせてもらいました。
珍しいところでは太刀魚だったかな。あまり太刀魚のお造りは見ないですね。

これは確かアゴ天だったと記憶しています。
かば7.JPG
浜田の赤天もメニューにありました。珍しい。

貝の地獄炊きです。
かば8.JPG
ムール貝まで入っていて食べ応えがありました。

ババアの唐揚げです。
かば9.JPG
ババアはタナカゲンゲという魚なのですね。これも普段は見ないなぁ。
ナスDが、「オジサンはいるけどオバサンっていう魚はいないよね」っていうようなことを言っていましたが、ババアだったらいるのです。
確かに食べるとタラに似ていました。

瓶ビールを注文すると「鳥取に乾杯」という名のKIRIN一番搾りが出てきたのも観光気分がUPしましたね。
かば10.JPG

テーブルの脇に置いてある調味料が地の物なのもこだわりが見えてgoodです。
かば4.JPG

お店の雰囲気も良く、店員さんも元気があり、良いお店でした。

お店を出て、ほろ酔いで「鳥取しゃんしゃん祭」を見たのも乙でした。







こちらのお店のURLは下記の通り。
http://www.robata-kaba.jp/
タグ:炉端かば
nice!(15) 

和ちゅう房 深水(岡山の津山) [居酒屋]

引き続き津山のお店です。そして今年も終わろうとしているのに夏のことです。

晩ご飯をいただきました。

こちらも人気が凄かったです。

平日で割と早い時間(17時とか)でしたが、お客さんが来る来る。

「和ちゅう房 深水」さんです。
深水1.JPG
「ふかみず」さんと読むそうです。

まずは生ビールを。
深水2.JPG

先付のもずく酢です。見た目も味も綺麗でサッパリといただきました。
深水3.JPG

お造り盛り合わせです。
深水4.JPG

この津山という場所は、瀬戸内からも山陰からも良い魚介が入る中間地点なのですね。

盛り付けも綺麗です。

おかわりに瓶ビールをいただきながら、何をいただこうかと迷い、予算的にも珍しさからも最後のこの一品に決めました。
深水6.JPG

千屋牛のタタキです。
深水5.JPG

千屋牛って有るところには有るんですね。しかも豪華!!

今や私には幻の牛肉となっています。この夏の感動でした。


一人でというより家族や仲間内でシェアして色んな種類の料理をいただくほうが良さそうなお店です。

津山も名店揃いで何泊かゆっくりしたい町だと思います。




こちらのお店の所在地等は下記の通り。
【所在地】〒708-0064 岡山県津山市堺町30-6
【電話番号】0868-23-6565
nice!(7) 

串かつ料理 聖(岡山県津山市) [居酒屋]

すみません、今年の夏のこととなります。

前記事も初夏です。いとよりが秋も出回るので最近のことのように見えますが、初夏です。

横溝正史の出身地でもあり、B'zの稲葉の出身地です。

商店街では「B'z 津山凱旋コンサートを期待する署名活動」の一角があり、B'z熱が熱いことが分かります。

そんな津山の商店街から程近いお店です。

「串かつ料理 聖」さんです。
聖1.JPG

ランチをいただきました。

開店後一番に入店しましたが、人気のお店なのでしょう、次から次へとお客がなだれ込み、あっという間に満席。

そりゃそうです。ランチの品も次から次へと出てきます。
聖2.JPG
↓いただいている途中でお漬物が出てきました。
聖4.JPG

これはお得です。味もめっちゃ旨い。

値段以上の、いや通常の満足度の2、3倍を得ると人間は虜になりますね。

↓そうめんも嬉しくて旨い。
聖3.JPG

茄子やら南蛮漬けやら下ごしらえなどを考えると労力が凄そう。

↓コロッケのボリュームと味に脱帽。
聖5.JPG

夜も確実に期待できるお店ですね。

串かつだけでなく、日本料理、洋食、鍋、懐石料理まで楽しめるお店のようです。





こちらのお店の所在地等は下記の通り。
【所在地】〒708-0024 岡山県津山市二階町47
【電話番号】0868-24-5560


nice!(17) 

炉ばた だるま(島根県松江市) [居酒屋]

これも昨年のこととなります。追いついてきてはいますが、まだ昨年のことをブログに載せきれていません。

松江の駅の駅裏にあって、ビジネスホテルで缶ビールを飲み、外に出かけ、ほろ酔いでフラフラと入ったお店です。

良さげな大衆居酒屋で、吉田類さんが好きそうな、でも駅裏なので穴場であって欲しい(あまり混んでほしくない)感じがたまらなく良いです(サラリーマン客は多いですよ。)。

「炉ばた だるま」さんです。
炉ばただるま1.JPG

大学生くらいの店員が沢山いるのも元気があって、なかなかよろしい。

カウンターがあるのが嬉しい。

生ビール。
炉ばただるま2.JPG

スタンダードな冷奴。
炉ばただるま3.JPG

スタンダードな鯵のなめろう。
炉ばただるま4.JPG

スタンダードな焼鳥串盛り合わせ。
炉ばただるま5.JPG

旬なカキフライ。
炉ばただるま6.JPG

味も間違いない。
注文してから来るのが早いのもうれしかった。

次に飲みに行く時もほどほどに混んでいてもカウンターは空いていることを祈ります。





こちらのお店の所在地等は下記の通り。
【所在地】島根県松江市朝日町452 コーポあおと 1F
【電話番号】0852-22-4911
nice!(12)  トラックバック(0) 

海鮮Kinsei(和歌山県那智勝浦町) [居酒屋]

いつもマグロやマグロの目玉を購入するお店とオーナーさんが同じのようで、そのマグロ屋さんは自分なりに穴場だと勝手に思い込んでいるのですが、そのマグロ屋さんが経営する居酒屋さんでランチをいただきました。

「海鮮Kinsei」さんです。
Kinsei1.JPG

すみません、これも昨年のこととなります。

土曜日だったか、休日だったからか、すごいお客さん。
たまたま1組帰ったところに入店したのでラッキーでしたが、次から次へと来るわ来るわ、諦めて帰るわ待つわ。
すごい人気です。


那智勝浦といえばマグロ。生マグロ丼をいただきました。

待てど暮らせどなかなか来ない。そういえばお店が忙しすぎて確かに注文するのも大変だった。

漬け丼のようでしたから、今漬けこんでんちゃうかというくらい待ちました。

目も前に来た時には衝撃の盛り。待った甲斐がありましたね。
Kinsei2.JPG

「バカ盛りまぐろ丼」というメニューもあり、どんだけすごいんだろうと想像が膨らみます。

味も間違いないですね。めちゃくちゃ旨かったです。
Kinsei3.JPG

結構待っただけにペロリでした。
Kinsei4.JPG

良いお店です。





こちらのお店のURLは下記の通り。
http://www.nachikatsuura-kinsei.com/index.html

*********************************************************************************
こちらのお店は現在閉店されています。(追記:2017年12月24日)
*********************************************************************************
タグ:海鮮Kinsei
nice!(15)  トラックバック(0) 

お食事処やまいち(島根県松江市) [居酒屋]

すみません、これも昨年の思い出です。

松江のビジネスホテルに泊まったのをいいことに、かねてから行きたかったお店に食べに行こうかどうか迷いながら、雨降る中向かいました。

BS・TBSの「吉田類の酒場放浪記」で観たお店で、興味津々でした。

「お食事処やまいち」さんです。
やまいち1.JPG
雨にもかかわらず地元常連客でごったがえしておりました。

メニューは貼ってあるのですが、金額が書いてなく、恐る恐る金額を尋ねながらの注文。

地元常連客は分かっているからスイスイ注文するんだな。


とりあえずビール。
やまいち2.JPG


鯵のお造り。まあまあ値が張りましたが良い鯵なのでしょう。
やまいち3.JPG

地元で採れた鯵なので新鮮で確かに旨い。


おぞらく人気メニューであろう、肉豆富。
やまいち4.JPG

確かに旨いんだが一人で食べる量ではないっ! 皆でツツく量ですね。

知らないので分からないんですよね。


他のお客さんはおでんをよく注文していましたが、蟹コロッケも注文していたので、蟹コロッケを注文。
やまいち5.JPG

良かった。これは一人で食べきれる。

山陰は蟹も美味しんですよね。
やまいち6.JPG


他にも「めばる」や「のどぐろ」も勿論あるのですが、私のような一般出張サラリーマン庶民には手が届かなかったです。

常連さんは皆〆にしじみ汁を飲んでいたように記憶しています。

恐る恐る金額ばかりきいて注文していたからか、お店のおばちゃん(オーナー?)が不審に思ったのか、会計の時には私にキレだす始末。
思ったより安かったので「安いね」と言うと、「こっちは何も間違ってないよ!!」と怒り出したので、おそらくなんか勘違いして「こっちはぼったくりなんかしてないよ!」と言いたかったんでしょう。

まあでも一見さんに厳しいというだけで、松江の大衆居酒屋の老舗で味は間違いなく、地元民に愛される良いお店です。

少し遠いビジネスホテルから雨の中飲みに行った甲斐がありました。





こちらのお店の所在地等は下記の通り。
【所在地】島根県松江市東本町4-1
【電話番号】0852-23-0223
nice!(9)  トラックバック(0) 

ほっこり居酒屋 瓢膳(新潟市) [居酒屋]

引き続き新潟です。

たまたま予約したホテルの1Fに名店があることが分かり、予め予約しておきました。

予約時の対応も良く、期待大です。

「ほっこり居酒屋 瓢膳」さんです。
瓢膳1.JPG

カウンターに案内され、カウンターの端に居た常連客がイチイチこちらの注文に反応してブツブツ独り言(こちらの注文を批評している様子でした。)を言うのが気に障りましたが、それ以外は大変良いお店でした。

オーナーである大将は、大きなホテルで経験を積んできている立派な方とのことで、確かに全て旨かったです。

予約時の電話も大将だったらしく、商売に対する心意気も感じ取れます。



新潟は米処で酒処なので、最初から日本酒でいきました。

流石酒処、飲み比べセットが充実しており、これは嬉しい。

「なおッスチョイス」の「こしのはくせつ」と「越路乃紅梅」のセット。
瓢膳2.JPG

「殿チョイス」の「〆張鶴」と「久保田」のセット。
瓢膳3.JPG

「鶴麗」の「美山錦」と「越淡麗」のセット。
瓢膳4.JPG


突出しが今までに食べたことのない味で感動しました。
瓢膳5.JPG

タコの卵かなんかの和え物だったと記憶していますが、初めて食べてめっちゃ美味しかったのでこの段階でかなりレベルが高いお店だと判断しました。



刺し身の盛り合わせです。
瓢膳6.JPG

「桜マス刺し」、「〆サバ刺し」、「カワハギ肝和え」、「桜鯛刺し」です。

「桜マス刺し」が珍しくて大阪ではまずいただけない、「カワハギ肝和え」も今まで味わったことのない美味しさ。これは本当に旨かったなぁ。

私も連れも唸りましたね。

超々旨い!!!!!!

わさびを葉型に固めているのも珍しくて面白かったですね。



次に「有機野菜カゴ盛り」を注文。
瓢膳7.JPG

産地直送の新鮮な有機野菜です。

新ごぼうが珍しかった。魚だけじゃない、野菜もスゴイ。



そして「穴子のだしまき玉子」。
瓢膳8.JPG

穴子は関西だけではなかった。これも旨かったなぁ。



最後に銀ムツの西京焼だったかな?酔っ払っていたので覚えていません。
瓢膳9.JPG



他にも魅力的なメニューが一杯でした。全て制覇したかったですね。
羅列すると、
「佐渡新根もずく」
「自家製ホタルイカ沖漬け」
「佐渡 活サザエ」
「牛すじとキャベツの火山煮込み」
「新発田極太アスパラ」
「のど黒姿焼き」
「こしあぶら味噌おにぎり」 等々

新潟はアスパラも有名でしたね。


魚は漁師から直送(ひょっとしてカウンターの端に居た常連客はその漁師か?)、新潟地酒の豊富さは新潟県民も驚くほどだそうで(希少な「亀の翁」もあります。)、我ながらこの店にして良かったなあぁとつくづく自分を褒めてやりました。






こちらのお店のフェイスブックのアドレスは下記の通り。
https://ja-jp.facebook.com/%E3%81%BB%E3%81%A3%E3%81%93%E3%82%8A%E5%B1%85%E9%85%92%E5%B1%8B-%E7%93%A2%E8%86%B3-%E3%81%B2%E3%82%87%E3%81%86%E3%81%9C%E3%82%93-197867770265921/
タグ:瓢膳
nice!(14)  トラックバック(0) 

みくり(大阪の堺) [居酒屋]

すみません、今年の2月のこととなります。

南海本線の堺駅の南口から程近い場所にあります。

以前から気になっていたお店でもあり、いつも満席っぽいので、入るのに遠慮していました。

ABC朝日放送の『今ちゃんの「実は…」』でも紹介されていました。
ベタ褒めでした。

「みくり」さんです。

外観写真は撮り忘れました。

平日に覗くといつも満席で、土曜日の割りと早い時間帯だったからか、席が空いていたので入ることができました。

カウンターだけのこじんまりとしたお店で、あの俳優の松〇豊さんのサインがありました。
リアル「孤独のグルメ」が実現した貴重なお店です。これはスゴイ。

京都でいうところの「おばんざい」がカウンターに並べてあり、食欲をそそります。

なにわともあれ生ビールです。
みくり2.JPG

あっさりと蟹とわかめを炊いたやつです。
みくり1.JPG
良いお味です。

生ハムのスパゲッティーサラダです。
みくり3.JPG
案外こういうのを置いているのは大衆酒場っぽいですが、生ハムで差をつけているのでしょう。
ペロリといただきました。

お造りです。
みくり4.JPG
お造り自体の温度に気を遣ってあり、魚の生の旨味を感じ取れる一品。

メニューにあると必ず注文してしまう「とんぺい」。
みくり5.JPG
お店によってやっぱり違いますね。

途中からワインに切り替えました。
みくり6.JPG

最後にパスタをいただきました。
みくり7.JPG
こちらのお店はパスタも人気のようで、他のお客さんも必ず注文していました。
なるほど、味にせよ堅さにせよ、確かに程良い塩梅。
きっと松〇さんも気にいったことでしょう。

料理の味とマスターの気遣いで常連の胃袋を掴んで離さない良いお店です。






こちらのお店の所在地等は下記の通り。
【所在地】大阪府堺市堺区竜神橋町1-6-10 フェニックス堺 101
【電話番号】072-229-5423
タグ:みくり
nice!(23)  トラックバック(0)