So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

茶房十五代(島根の奥出雲) [その他]

すみません、7月のこととなります。

TBSのTVドラマ「リーダーズ」のロケに使われた「絲原記念館」が奥出雲にはあります。
「絲原記念館」に入って初めて知りました。
そんな「絲原記念館」の敷地内に小洒落たカフェがあります。

「茶房十五代」さんです。
茶房十五代1.JPG

まだオープンして間もない雰囲気がありましたが、地元の人達と思われるご婦人方が談笑をしていました。

くそ暑い中、良い雰囲気で涼まりながらアイスコーヒーをいただいただけで、良い思い出です。
茶房十五代2.JPG
茶房十五代3.JPG

約400年の歴史をもつ絲原家の現当主の方が15代なのですね。納得です。それにしても歴史も実績もお家柄も凄すぎる。
茶房十五代4.JPG




こちらのお店のURLは下記の通り。
http://itoharas.com/施設案内/茶房十五代/
nice!(5) 
共通テーマ:グルメ・料理

白楽天(愛媛の今治) [その他]

以前から食べたくてしょうがありませんでした。

今治に来たらこれを食べないと始まりません。

以前、今治に行った際に食べ損ねておりました。

「白楽天」さんです。
白楽天1.JPG

「焼豚玉子飯」が目当てです。

こちらも焼豚玉子飯の名店だと知り、割と近くにあったので開店の少し前に行きました。

プチ行列ができており、その後ろに並びました。

焼豚玉子飯のセットメニューがいくつかありましたが、純粋に味わいたかったので単品で注文。
白楽天2.JPG
白楽天3.JPG

食べ方としては、半分をぐちゃぐちゃに混ぜて食べ、その後残りを同様にぐちゃぐちゃに混ぜて食べるということでした。
白楽天4.JPG
白楽天5.JPG

想像通りの味で旨かったですが、今治の中華の名店が作るので、尚更美味しく感じます。
白楽天6.JPG

今治の魂フード、確かにいただきました。





こちらのお店のURLは下記の通り。
http://www.hakurakuten.net/
nice!(14) 
共通テーマ:グルメ・料理

地鶏膳所 花どり(兵庫県三田市) [その他]

ただの名古屋コーチンではありません。

篠山の大自然の中、抗生物質を混ぜない完全無薬の安全な飼料で育てられた名古屋コーチンの「松風地鶏」なのです。

その松風地鶏をいただけるレストランがあります。

「地鶏膳所 花どり」さんです。
花どり1.JPG
のどかな場所にあります。

いろいろなメニューがある中、「霜降りもも肉ミンチカツ御膳」をいただきました。
花どり2.JPG

地鶏なのでミンチでないほうが歯ごたえ等々楽しめるのですが、気分がメンチカツでメンチカツの口になっていたので…。

ソースが2種類で楽しめ、ご飯はおかわりができます。

肝心のミンチカツは、ジュシーなのは当たり前なのですが、確かに普通の鶏ミンチとは違い、牛にも豚にも負けないような濃い旨みというか、濃い味を感じます。
花どり3.JPG

こだわって極めると成果は出るものなのですね。手間と投資に力が入っているのが分かります。
花どり4.JPG

高級な鶏とはまさにこういう鶏ですね。

レストランの店頭でもお肉が買えるようになっていますし、通販もあるみたいです。






こちらのお店のURLは下記の通り。
https://www.jidori.com/
nice!(12) 
共通テーマ:グルメ・料理

萩の旨いもんいろいろ(山口県萩市) [その他]

引き続き萩です。

萩で出会った旨いもんを羅列します。

「夏みかんソフトクリーム」
萩の旨いもん1.JPG
萩の夏みかん果汁入りです。
「めざまし土曜日」が取材に来ています。
萩城趾の近くのお土産屋さんでいただきました。



「村田蒲鉾店のお惣菜」
萩の旨いもん2.JPG
萩の旨いもん3.JPG
ここのはハンパなく旨かった。
試食できるようになっており、全て激ウマ。
外で販売していた天ぷらもめっちゃ旨かった。
お勧めです。

こちらのお店のURLは下記の通り。
https://www.muratakamaboko.jp/



「駅のお土産屋で買った蒲鉾」
萩の旨いもん4.JPG
「株式会社 松富」さんというところの「にぎりちくわ」、「千銀蒲鉾株式会社」さんというところの「ちくわ 千銀」。
帰りの新幹線の中でのつまみとして大活躍。
山口の蒲鉾は旨い。

「株式会社 松富」さんのURLは下記の通り。
http://www.matsudomi.jp/catalog/

「千銀蒲鉾株式会社」さんのURLは下記の通り。
http://www.sengin.co.jp/
nice!(17) 
共通テーマ:グルメ・料理

光國本店(山口県萩市) [その他]

引き続き萩です。

TVで観るたびにい「いつか食べてやる」と思っていましたが、ようやくありつけました。

開店前にお店に到着し、2組目に入りました。

「光國本店」さんです。
光國本店1.JPG

萩市は「夏蜜柑丸漬(なつみかんまるづけ)」が有名でお土産屋さんに沢山売っていますが、こちらが元祖であり、こちらのお店の商品はこちらでしか購入できないのが魅力です。
光國本店2.JPG

幕末の創業だそうで、なるほど、徳川により長州へ追いやられた毛利が長州として徳川幕府に報いる時代にできた物であることを考えると、長州(毛利)の勢いがあったことが分かります。

この夏蜜柑丸漬は、すべて手作業で、五日間かかるそうで、夏蜜柑の中身をくり抜き、羊羹を入れて砂糖に漬け込むという製法だったと記憶しています。
独特なお菓子であり、でも上品で伝統を感じさせる味わい。そして、ここでしか買えない、普段は味わえないという特別な物であるという事実が尚更美味しく感じさせます。
光國本店3.JPG
光國本店4.JPG
光國本店5.JPG
光國本店6.JPG


「萩乃薫 (はぎのかおり)」も購入しました。
これは夏みかんの皮を砂糖漬けにしたお菓子です。
光國本店7.JPG


他にも夏みかんマーマレードが売っていました。





こちらのお店のURLは下記の通り。
http://www.mitsukuni-honten.com/
nice!(7) 
共通テーマ:グルメ・料理

晦事(山口の萩) [その他]

これも春のこととなります。

ばりぞばを食べてから萩に移動し、城下町を散策。

汗ばんだ体と心を癒すには丁度良かった。

「晦事」さんです。
コトコト1.JPG

築200年以上の町家をリノベーションしたカフェで、店内では萩焼やお洒落な衣類雑貨の販売もしています。

外より少しひんやりと涼しく、レトロな情緒ある雰囲気は京都に似ていますが、「あぁ、萩にいるんだな」と実感できました。
コトコト2.JPG

夏みかんゼリーなどのスイーツはもちろん、萩カレーセットも人気のようです。
コトコト3.JPG
コトコト4.JPG


この後に行った「菊屋家住宅」ですが、大阪ともつながりがあり、貴重な資料が沢山あって、期待以上でした。それも嬉しかったです。




こちらのお店の所在地等は下記の通り。
【所在地】 山口県萩市呉服町2-32
【電話番号】 0838-26-7199
タグ:晦事
nice!(15) 
共通テーマ:グルメ・料理

キッチン味美(愛媛の松山市) [その他]

4月のこととなります。

ビジネスホテル周りで晩ご飯を安く済ませる必要があり、でもせっかく松山まで来ているのだからと思いながらお店を探していました。

泊まったホテルがどうやら学生街にあったようで、大学生が沢山いる場所だったので、安い店にありつけたのは幸いでした。

「まぼろしのカレー&おふくろの定食 キッチン味美(みみ)」さんです。
キッチン味美1.JPG

オープンや改装から間もないのか、綺麗なお店でしたし、安そうだったので、この店に決めました。

誰も居なかったので店の奥を覗くと、中年の女性のが居るんじゃないかという予測に反し、めっちゃ細くて、若くて、金髪で、女の子にもてそうな兄ちゃんが居ました。

瓶ビールと唐揚げ定食を注文。
キッチン味美2.JPG
キッチン味美3.JPG

この唐揚げのボリュームは嬉しい。そんでもって味も旨い。外はカリッと、中はジューシー。
キッチン味美4.JPG

ご飯がススむススむ。


夕方早めに入ったので分かりませんが、私の後にも何組かお客さんが入ったので、きっと学生に人気のお店なんじゃないかと勝手に思っています。





こちらのお店の所在地等は下記の通り。
【所在地】愛媛県松山市平和通2-3-7 ピースビル 1F
【電話番号】089-916-4066
nice!(14) 
共通テーマ:グルメ・料理

八百源来弘堂本店の肉桂餅(大阪府堺市) [その他]

堺に住んでいながら知りませんでした。

昨年末初めて購入してみて知りました。

創業200余年の老舗らしく、店構えも趣があります。
八百源来弘堂6.JPG

肝心の肉桂餅も、今までこれをお土産にしなかったのが悔やまれる逸品です。

「八百源来弘堂本店」さんの肉桂餅です。
八百源来弘堂1.JPG
八百源来弘堂2.JPG
八百源来弘堂3.JPG

シナモンやカシア、つまりニッキが「肉桂」という漢字で示されることにも興味がありますが、ネットで調べてもよく分かりませんでした。

千利休が茶の席で用いていたのではないかと思うのですが、ネットで調べると肉桂が日本に伝わったのが江戸時代ということなので残念ながら用いてなかったかもしれません。
でもお店のチラシには「約400年前、安土・桃山時代に堺に伝承した」とありますので、やはり千利休などの茶人御用達だったのでしょう。これは凄い。

堺では南蛮貿易でもたらされたシナモンを薬として珍重したという歴史があるそうで、その製法を唯一受け継ぐお店なのです。

肉桂の粉末を求肥に練り込んだ生地で、北海道産小豆を使ったこしあんで包んでいて、上品な味わい。これはお土産にしたら喜ばれますね。
八百源来弘堂4.JPG

外側の餅はかなり柔らかく、中の餡の甘さも控えめで、肉桂の香りが口から鼻を包みます。
八百源来弘堂5.JPG

堺はけし餅だけじゃなかった。知らなかったことが恥ずかしい。

肉桂餅以外にも商品があるようなので、今度はそちらも食してみたいと思います。
八百源来弘堂7.JPG





こちらのお店のURLは下記の通り。
www.yaogen.com/
nice!(19) 
共通テーマ:グルメ・料理

赤心(兵庫県姫路市) [その他]

こちらもHTBの「おにぎりあたためますか」で紹介されたお店です。

昨年の暮れのこととなります。

姫路では有名な老舗のようですが、私のような余所者はTVを観るまでは有名店だとは全く気がついておりませんでした。

TV取材が多いお店のようです。ファンが沢山いるみたいです。

以前食べようとして訪れたときは定休日だったので2回目のチャレンジです。

「赤心」さんです。
赤心1.JPG

普段から焼飯好きなのでヤキメシセットにしたかったのですが、初めて食べるので敢えて「とんかつ・豚汁・めし」のセットでいきました。

豚汁がウリだけあって個性的な豚汁でした。
赤心2.JPG

豚バラかな、ゴロッとした豚肉が入っていて、甘みがあるのが特徴的です。

甘さはタマネギの甘さじゃないかと思います。

豚汁を食べるだけでも価値があります。


豚カツもボリューミーで、ご飯が足りないのは目に見えていました。
赤心3.JPG

豚カツも豚バラかな、豚肩のような気もするけど。ロースではないと思います。
赤心4.JPG


次は是非ヤキメシをいただこうと思います。





こちらのお店のfacebookのページは下記の通り。
https://ja-jp.facebook.com/SEKISHIN.JAPAN
タグ:赤心
nice!(12) 
共通テーマ:グルメ・料理

カフェ木の香り(鳥取市) [その他]

鳥取の駅前の商店街の中にあります。

こちらもHTBの「おにぎりあたためますか」で紹介されたお店です。

店主の方がユニークな方だったのが印象的で、よく覚えていました。

「カフェ木の香り」さんです。
木の香り1.JPG

薬膳カレーと有機栽培コーヒーのお店なのですが、それだけではない。

いろいろなこだわりと工夫、豊富なメニュー、根強い人気、女性からの支持などから努力が窺えます。

連れは満腹だったので、カレーアイスと有機栽培コーヒーを。
木の香り2.JPG
木の香り3.JPG

「カレーアイス」は不思議とアイスクリームとマッチしており、コーヒーに添えてある焼き菓子(何て名称か忘れました。)もカレーが生かされながら大変美味しく、焼き菓子として成立しており、この焼き菓子は購入して土産として持ち帰りました。

こちらのお店で使われているカレーのスパイスのカルダモンは、消化を助けるなどのいろいろな効能があり、実際お腹の調子が悪かったのですが、こちらのお店で食事をしてから調子が良くなりました。本当です。


私は「やくぜんオムライスカレー」をいただきました。
木の香り6.JPG

サラダ付きです。
木の香り4.JPG

ヘルシーなカレーなのでスープがサラサラでしたが、めっちゃ旨かったです。

サフランライスのオムカレーなので手間がかかっていますね。
木の香り7.JPG

好みでカルダモンのパウダーをかけていただきます。
木の香り8.JPG

このカルダモンという代物、木の香りがするのです。木の風味と言いますか、だから屋号が「木の香り」なのかなと一人で推理しています。

サフランの効能も体に良いみたいですし、「やくぜんカレー」と銘打っているのも納得です。

器もカトラリーも凝っていました。
木の香り5.JPG
木の香り9.JPG

兎に角、カレー王国鳥取の中で個性際立つお店でした。




こちらのお店の所在地等は下記の通り。
【所在地】鳥取県鳥取市栄町659
【電話番号】0857-29-0035
nice!(9) 
共通テーマ:グルメ・料理